「し」から始まる歯科用語一覧

「しから始まる歯科用語をまとめています。

「し」から始まる歯科用語

  • 歯原性角化嚢胞(角化嚢胞性歯原性腫瘍)とは?歯原性角化嚢胞は、歯原性の発育嚢胞で、歯原性上皮に由来し顎骨内に発生する。2017年 WHO分類では、歯原性腫瘍か...
  • 歯牙腫とは?歯牙腫とは、エナメル質、象牙質、セメント室、歯髄といった、歯胚や歯牙の組織からなる過誤腫である。
  • 歯科用コーンビームCTとは歯科用コーンビームCTとは、歯科領域の画像診断に特化した三次元断層像を作成する装置である。歯科用コーンビームCTは歯の破折、歯内-...
  • 歯肉縁上スケーリングとは歯肉縁上スケーリングとは、歯肉縁上の歯石や、プラーク、着色をスケーラーで除去する操作のことである。歯肉縁上スケーリングでは主に...
  • 静脈内鎮静法とは?静脈内鎮静法とは、歯科治療時に経静脈的に鎮静作用のある薬物を投与することによって、患者の恐怖心や不安、嘔吐反射の軽減、過呼吸の抑制、...
  • ジルコニアとは?ジルコニアとは、化学式ではZnO2で表す、セラミックの一種である。セラミックの中でも一番硬く、三点曲げ強さは2000MPaを超える(アルミナは約7...
  • シェーグレン症候群とは?シェーグレン症候群とは、1933年にスウェーデンの眼科医ヘンリック・シェーグレンが乾燥性角結膜炎、耳下腺腫脹、口腔乾燥を呈する患者...
  • 失敗症例とは?失敗症例とは、失敗した症例のことである。失敗症例を歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士間で共有し、次の臨床へと活かすことが極めて重要である。
  • 診療報酬とは?診療報酬とは、公的医療保健制度における保険診療の対価として、保険医療機関に支払われる費用のことである。日本では診療報酬は医科・歯科・調剤...
  • 歯周治療とは?歯周治療とは、歯周疾患の治療である。歯周治療は良好な歯周組織の獲得を目指すことを目的とする。
  • 歯肉退縮とは?歯肉退縮とは、唇側歯肉辺縁の位置がセメント-エナメル境より根尖側に移動し歯根が露出した状態をいう。歯肉退縮ではポケット形成や歯肉の炎症は...
  • 歯肉癌とは?歯肉癌とは、歯肉に生じる悪性腫瘍である。歯肉癌は組織学的には扁平上皮癌である。歯肉癌は口腔癌のうち舌癌に次いで頻度が高い。歯肉癌は中高年に...
  • 歯冠破折とは?歯冠破折とは、歯冠が破折することである。不完全破折(実質欠損を伴わないエナメル質の亀裂)、エナメル質破折(実質欠損がエナメル質に限局して...
  • 神経障害性疼痛とは?神経障害性疼痛とは、「体性感覚神経系の病変や疾患によって引き起こされる疼痛」であると2011年の国際疼痛学会で定義されている。神経障害...
  • 歯髄とは?歯髄とは、歯髄腔に存在する疎線維性結合組織のことである。歯髄は一般的には「歯の神経」と呼ばれる。歯髄が入っている歯髄腔は象牙質に囲まれ、歯の...
  • 次亜塩素酸ナトリウム(NaOCl)とは?次亜塩素酸ナトリウム(NaOCl)とは、根管洗浄薬の一種であり、消毒薬の一種である。
  • シリコーンポイントとは?シリコーンポイントには、カーボランダム(炭化ケイ素)やアルミナなどの砥粒をシリコーンゴムなどを結合材として成型したシリコーンポ...
  • 診断用ワックスアップとは?診断用ワックスアップとは、補綴治療前に、将来的に最終補綴処置により修復することが予想される歯冠形態、歯列の形態、歯肉の形態を...
  • 順生過剰歯とは?順生過剰歯とは、過剰歯のうち順生で萌出しているものである。順生とは歯が正しい方向で萌出したものであるので、順生過剰歯とは正しい方向で萌...
  • 歯周嚢胞とは?歯周嚢胞とは、歯周ポケットからの感染による、辺縁性歯周組織の嚢胞炎症に起因する歯根側面に生じた上皮性の嚢胞である。歯周嚢胞の裏装上皮は歯...
  • 歯科恐怖症とは?歯科恐怖症は明確な定義はないと思われるが、歯科治療や歯科医院、歯科医院の歯科医師やスタッフに対して恐怖を持っている患者の状態であると考...
  • 歯科用ルーペとは?歯科用ルーペとは、歯科治療時に術者が用いるルーペのことである。歯科用ルーペを使う治療内容としては、歯科医師による根管治療や窩洞形成、...
  • 歯根端切除術とは?歯根端切除術とは、根尖部の切除および根尖病変の掻爬により、感染源を除去して、歯を保存し機能させる方法である。ガッタパーチャポイントと...
  • 歯根嚢胞とは?歯根嚢胞とは、最も多くみられる歯原性嚢胞で、通常は永久歯の失活歯に生じる。歯根嚢胞の原因は細歯感染に伴う根管からの持続的な刺激である。
  • シーラントとは?シーラントとは、小窩裂溝填塞法とも呼ばれる。歯質を削らずに填塞材で小窩裂溝を封鎖してう蝕の予防を行うものである。
  • 歯間分離とは?「歯間分離」とは、歯と歯の間を一時的に分離してコンタクトポイントの離間をはかり、以下の操作を的確に行うための方法である。歯間分離の分類と...
  • 歯科医師の生涯研修とは?歯科医師の生涯研修とは、歯科医師が生涯にわたり知識面・技術面において研鑽・学習を続けていくことである。歯科医師は歯科医師国家試...
  • 歯科医師過剰問題とは?歯科医師過剰問題とは、我が国における歯科医師免許保持者が増加し、歯科医師数が患者の需要よりも上回っているのではないかと指摘される...
  • 歯髄腔とは?歯髄腔とは、歯髄が入っている歯内部の構造物である。歯髄腔の内部は歯髄が満たしている。歯髄腔は「髄室」と「根管」からなる。
  • 歯性上顎洞炎とは?歯性上顎洞炎とは、上顎洞炎のうち、歯および歯周組織の病変が原因で生じる上顎洞炎を歯性上顎洞炎という。急性歯性上顎洞炎と慢性歯性上顎洞...
  • シェードテイキングとは?シェードテイキングとは、シェードガイドや色見本を川いて人の目により人工歯や修復材料の色を選択する方法であり、臨床では術者が目標...
  • 歯肉切除術とは?歯肉切除術とは、歯周ポケットを含む歯肉を切除することで健康な歯肉形態を獲得する歯周外科治療である。歯肉切除術は歯肉増殖症に対して適応さ...
  • シリカとは?シリカとは、二酸化ケイ素のことで、地殻を形成する物質の一つである。歯科領域ではシリカは、様々な目的でシリカが配合された歯科材料が存在する。
  • 上皮性付着とは?上皮性付着とは、「エナメル質」や「セメント質」と、「接合上皮」とを付着させる付着様式のことである。歯周治療の術後には、セメント質に長い...
  • シャープニングとは?シャープニングとは、スケーラーの鋭利なカッティングエッジを得るために行う操作である。シャープニングを行った鋭利なスケーラーを使用す...
  • システマティックレビューとは?システマティックレビューとは、特定の疑問に対しての同じテーマに関する複数の臨床研究を、一定の手順で研究論文を検索し、得ら...
  • 症例対照研究とは?症例対照研究とは、後ろ向き研究の一つで、疾病の要因を過去に遡って探求する研究であり、目的の疾病(健康問題)ともつものと持たないものの...
  • 歯胚とは?歯胚とは、歯のもとになるものである。歯胚が数年という年月をかけて骨の中で成長し、やがて歯として口腔内に生えてくるのである。
  • 歯周組織再生誘導法(GTR法)とは?歯周組織再生誘導法(GTR法)とは、歯周病によって破壊されたセメント質・歯根膜・歯槽骨より成る支持組織の再生(新付着の形...
  • 歯間鼓形空隙とは?歯間鼓形空隙とは、歯の接触点の上下にできる隙間のことである。接触点より上にできる鼓形空隙はとくに上部鼓形空隙と呼ばれる。接触点よりも...
  • 自家骨移植とは?自家骨移植とは、骨の移植法の一つで、移植骨供給部位と受容部位とが同 一個体である場合の方法のことをいう。骨移植の方法は自家骨移植以外に...
  • ジンジパインとは?ジンジパインとは、Porphyromonas gingivalisが産生する毒素のひとつである。動物実験の段階ではあるが、ジンジパインに対するワクチンの開発...
  • 歯周基本治療後の再評価とは?歯周基本治療後の再評価とは、歯周基本治療(イニシャルプレパレーション)後に、歯周基本治療の結果について評価する歯周治療の一...
  • 歯科衛生士法とは?歯科衛生士法とは、歯科衛生士の職務や資格を規定した法律である。歯科衛生士法は、歯科医師法・歯科衛生士法・歯科技工士法と合わせて「歯科...
  • 歯科医師法とは?歯科医師法とは、歯科医師の職務や資格を規定した法律である。本ページでは歯科医師法について解説する。歯科医師法は、歯科医師法・歯科衛生士...
  • 歯科技工士法とは?歯科技工士法とは、歯科技工士の職務や資格を規定した法律である。歯科技工士法は、歯科医師法・歯科衛生士法・歯科技工士法と合わせて「歯科...
  • CO2レーザーとは?CO2レーザーとは、炭酸ガスレーザーとも呼ばれる。CO2レーザーは波長10.6μmの連続波、あるいはパルス派として用いられる。CO2レーザーは軟組織...
  • 自由神経終末とは?自由神経終末とは、感覚の受容器の一つであり、痛覚や温覚、冷覚を受容する。皮膚感覚の痛覚、深部感覚の痛覚、内臓感覚の痛覚の全ては自由神...
  • 歯髄電気診とは?歯髄電気診とは、歯髄の生死を判定する診査法である。歯髄電気診では、歯表面に電極を当て電気的刺激を段階的に与え、患者の痛みの有無により歯...
  • 新産線とは?新産線とは、エナメル質や象牙質で出現する、強調された(色が濃い・深い)一過性の成長線である。新産線は出産や罹病の際に見られる。
  • 色素性母斑とは?色素性母斑とは、神経堤由来の母斑細胞が異常増殖してできる限局性の皮膚の奇形である。色素性母斑は一般的にほくろと呼ばれるもので、母斑細胞...
  • 唇顎口蓋裂とは?唇顎口蓋裂とは、「口唇裂」「顎裂」「口蓋裂」の3つが合併した先天性疾患である。唇顎口蓋裂は男子に多いとされ、その男女比は2:1である。口唇...
  • ジメチルサルファイドとは?ジメチルサルファイドとは、口臭の原因物質である、揮発性硫黄化合物:volatile sulphur compounds(VSC)の一つで、口腔内の細菌が...
  • ジルコニアブロックとは?ジルコニアブロックとは、歯科用CAD/CAMにおいてミリングに用いられるブロックのことである。ジルコニアブロックには、完全燃焼型ブロ...
  • 循環障害とは?循環障害とは、血液やリンパの循環が阻害されることにより、臓器や組織に障害が生じることをいう。循環障害には虚血や充血、うっ血などの種類があ...
  • インプラント治療における自家骨移植とは?インプラント治療における自家骨移植とは、患者自身の別部位から移植片を採取し、インプラントを埋入する部位へと移植...
  • 歯髄線維とは?歯髄線維とは、知覚を司る神経線維のことである。歯髄線維には、「膠原線維」「弾性線維」「コルフ線維」がある。
  • 歯槽堤保存術とは?歯槽堤保存術とは、本来抜歯などにより失われる支持組織(硬組織、軟組織)をコラーゲンや自家骨、他家骨を欠損窩に充填することで可及的に保...
  • Jankelsonの分類(咬頭嵌合位における早期接触の分類)とは?Jankelsonの分類とは、咬頭嵌合位における早期接触の分類である。Jankelsonの分類はJankelson Ⅰ級、...
  • ジップとは?ジップとは、根尖部における不適切な根管形成の1種である。ジップは、彎曲根管の根管形成時に、彎曲根管外側に見られる過度の形成のことである。ジ...
  • 歯冠形成期とは?歯冠形成期とは、歯の発生の前半で歯冠部分を形成する過程のことである。歯冠形成期は、開始期(肥厚期)・蕾状期・帽状期・鐘状期初期・鐘状期...
  • 歯周病原細菌とは?歯周病原細菌とは、歯周病の発症に関与する細菌のことである。歯周病原細菌は英語でperiodontopathic bacteriaという。歯周病原細菌はさまざ...
  • 歯科医師の欠格事由とは?歯科医師の「欠格事由」とは、歯科医師として要求されている資格を欠くことである。歯科医師の欠格事由には、相対的欠格事由と絶対的欠...
  • 自発痛とは自発痛とは、外部からの刺激がなく、何もしなくても生じる痛みのことである。歯内治療を始めるにあたって、自発痛など現病歴の確認は欠かせない。また...
  • 歯内歯とは?歯内歯とは、舌側面の陥凹が深く潜り込むようになった形態である。歯内歯では、外側が象牙質、内側がエナメル質となっている。歯内歯は内反歯、陥入...
  • シングルコーンテクニックとは?シングルコーンテクニックとは、垂直加圧充填のうち、ガッタパーチャのメインポイントとシーラーを用いて根管充填を行う方法であ...
  • CWCT法とは?CWCT法とは、電熱式の専用機材でコアマテリアルを軟化させて根管壁に適合させる垂直加圧根管充填の一方法である。CWCT法では、メインポイントを根尖...
  • シルバーポイントとは?シルバーポイントとは、単一ポイント法により行われる銀製の根管充填材である。シルバーポイントによる根管充填では、レンツロを用いてシ...
  • 支台装置とは?支台装置とは、支台歯に装着される歯冠補綴物のことで、補綴装置を支台歯に連結するための役割を果たす装置である。支台装置の種類に何を選択する...
  • 歯根形成期とは?歯冠形成期とは、歯の発生の後半で歯根部分を形成する過程のことである。歯冠形成期は、歯根形成開始期、歯根伸長期、萌出期、咬合開始期、機能...
  • 掌蹠膿疱症とは?掌蹠膿疱症とは、手のひらや足底に膿疱が繰り返し多発する皮膚疾患である。掌蹠膿疱症で見られる嚢胞は無菌性であり、そのため人にうつることは...
  • 歯内-歯周病変とは?歯内-歯周病変とは、歯周、歯内の領域の疾患によって生じる病変であり、両疾患が複合した複雑な病態を示す疾患である。歯内-歯周病変はperio...
  • 歯肉嚢胞とは?歯肉嚢胞とは、粘膜結合組織内に生じる多発性の嚢胞である。歯肉嚢胞は「Serres上皮真珠」「Epstein真珠」「Bohn結節」とも呼ばれる。歯肉嚢胞の...
  • 歯原性粘液腫とは?歯原性粘液腫とは、顎骨に生じる歯原性の粘液腫である。歯原性粘液腫は10〜40代、特に20〜30代の女性に多く発症し、下顎大臼歯部の顎骨に多く...
  • 神経線維腫(von Recklinghausen病)とは?神経線維腫(von Recklinghausen病)とは、末梢神経のSchwann細胞と線維の増殖を主体とする良性腫瘍である。単発性の...
  • 歯槽骨骨折とは?歯槽骨骨折とは、歯槽骨に見られる骨折である。歯槽骨骨折の原因は交通事故やスポーツ、暴力など外力が加わったことである。
  • 上顎洞癌とは?上顎洞癌とは、上顎洞に起こる癌である。上顎癌の中では歯肉癌に次いで頻度が高く、50〜60代の中高年に多く発症する。
  • 小帯異常とは?小帯異常とは、別名「小帯付着異常」「小帯強直症」とも呼ばれる、上唇小帯が通常よりも高位な位置(歯肉縁近く)に付着したものである。
  • 歯肉溝滲出液とは?歯肉溝滲出液とは、歯肉から滲出する組織液のことである。歯肉溝滲出液の量は歯肉の炎症の程度と相関することが指摘されている。歯肉溝滲出液...
  • シリコーンブラック法とは?シリコーンブラック法とは、咬合接触検査の一つで、カーボン粉末を加えたシリコーン印象材によって、咬合接触状態を記録する方法であ...
  • C-factor (configuration factor)とは?C-factor (configuration factor)とは、窩洞形態を数値によって評価する方法の一つである。C-factor (configuration fact...
  • 初期固定とは?初期固定とは、インプラントを埋入する際の初期の固定のことである。埋入したインプラントがオッセオインテグレーションを獲得するためには、イン...
  • 樹脂含浸層(hybrid layer)とは?樹脂含浸層(hybrid layer)とは、象牙質とレジンとの接着界面に生成される層のことである。象牙質表面の脱灰されたコラーゲン...
  • 自浄域とは?自浄域とは、唾液による自浄作用によって常に清掃される歯面である。自浄域ではう蝕が発生しにくい。自浄域の対義語として「不潔域」がある。
  • 歯肉炎指数(Gingival Index:GI)とは?歯肉炎指数(Gingival Index:GI)とは、歯肉炎症の程度について詳細に評価するための指標である。1963年Loe&Silnessに...
  • GBI(Gingival Bleeding Index)とは?GBI(Gingival Bleeding Index)とは、全プロービング歯面に対するプロービング時の出血部位(BOP)の割合である。GBI(Gi...
  • シグナル認識粒子(SRP)とは?シグナル認識粒子(SRP)とは、リボソーム上に存在するリボ核タンパク質複合体である。約300塩基の細胞質RNAと6種類のヘテロサブユニ...
  • 周波条とは?周波条とは、歯冠の緯線に沿って現れる溝のことである。周波条とレッチウス条は連続していることから、周波条はレッチウス条がエナメル質表面に現れ...
  • 歯周病の急性発作とは?歯周病の急性発作とは、慢性だった歯周病(歯肉炎・歯周炎)が急性化することである。歯肉炎・歯周炎の急性発作時には、レッドコンプレッ...
  • 歯肉溝上皮とは?歯肉溝上皮とは、歯肉溝の内面を構成している上皮のことである。歯肉溝上皮は「基底層」「有棘層」「顆粒層」「角化層」の4層からなる。歯肉溝...
  • 唇側弧線装置とは?唇側弧線装置とは、唇側に弧線を張った矯正装置である。現在はマルチブラケット装置の台頭で、唇側弧線装置が原型通りのまま使用されることは...
  • 上顎前方牽引装置(プロトラクター)とは?上顎前方牽引装置(プロトラクター)とは、成長期における上顎劣成長を伴う骨格性下顎前突症に適用する装置である。上...
  • 床矯正装置とは?床矯正装置とは、床部とクラスプなどから成る可撤式の矯正装置である。
  • 自然保定とは?自然保定とは、矯正治療で得られた咬合状態が、装置を用いることなく生理的に安定することである。臨床においては、矯正治療後ただちに自然保定に...
  • シンプルポケットとは?シンプルポケットとは、1歯面に限局して存在するポケットのことであり、歯周ポケットの種類のうちの1つである。歯周ポケットは骨縁上ポケ...
  • CPI(地域歯周疾患指数・CPITN)とは?CPI(地域歯周疾患指数・CPITN)とは、大規模な集団における歯周治療の必要度を知るためのスクリーニング法である。もとも...
  • 歯肉弁側方移動術とは?歯肉弁側方移動術とは、単独歯における、幅の狭い歯肉退縮の根面被覆に行う手術法である。歯肉弁側方移動術による根面被覆は、手術創が1...
  • 14K金合金とは?14K金合金とは、純金に白金、銀、銅、パラジウム、亜鉛を添加した歯科用鋳造金属である。14K金合金は保険診療において前歯部の修復に使用できる...
  • 歯槽頂間線法則とは?前頭面上において、相対する上下顎歯槽頂を上下方向に結んだ直線を、歯槽頂間線という。歯槽頂間線法則とは、両側性平衡咬合において、歯槽...
  • 矢状切歯路傾斜角(矢状切歯路角)とは?矢状切歯路傾斜角(矢状切歯路角)とは、咬頭嵌合位を起点として前方咬合位までの切歯路を直線と見なした場合の、これと...
  • 篩分法とは?篩分法とは、全部床義歯装着患者の咀嚼機能・咀嚼能力の評価方法の1つである。篩分法では、ピーナッツなどの試験試料を咀嚼させ、その粉砕粒子の分...
  • 習慣性閉口終末位とは?習慣性閉口終末位とは、日常的・無意識・反射的に行われている閉口運動における、下顎の終末する位置のことである。習慣性閉口終末位は咬...
  • 終末蝶番軸法とは?終末蝶番軸法とは、終末蝶番運動の回転軸として下顎頭部に求められる軸が終末蝶番軸であり、このときの下顎位を義歯の咬頭嵌合位とする方法で...
  • 自在ろう付け法とは?自在ろう付け法はろう付け法の一種で、埋没固定を行わずに手指やビンセットで同定し、きわめて細い炎の調節できる特別なガスバーナーを用い...
  • 床翼とは?床翼とは、義歯床のうち歯頚部〜床縁までの厚みの部分のことである。床翼はその部位によって以下の3つに分けられる。唇側床翼頰側床翼舌側床翼なお、...
  • 上顎法とは?上顎法とは、臼歯部人工歯の排列法の1つで、臼歯部人工歯を上顎から排列する方法をいう。
  • 自動削合とは?自動削合とは人工歯削合法の1つである。自動削合では、かーボランダムグリセリン泥を使用する。自動削合はカーボランダムグリセリン泥を選択削合...
  • GBR

    GBRとは?GBRとはGuided Bone Regenerationの略称であり、ある種の機械的バリヤーを用いて骨欠損部を物理的に密封し、骨組織の再生を誘導する骨誘導再生療法であ...
  • 人工歯とは?人工歯とは、天然歯の代用として用いる歯のことである。人工歯の種類として「レジン歯」と「陶歯」が用いられることが多いが、特殊な場合には「金属...
  • 歯列弓とは?正常な歯列は咬合面方向からみると、中切歯から第二大臼歯あるいは第三大臼歯までほぼ放物線形や桁円形をしている。その形態のことを、歯列弓という...
  • 歯肉溝とは?歯肉溝とは、歯肉溝上皮と歯面との間にある溝のことである。歯肉溝の生理的な深さは約0.5〜1mmである。歯肉溝内には食物残渣が溜まりやすく、歯肉溝...