クラウン・ブリッジに関連する用語と症例

「クラウン・ブリッジ」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

クラウン・ブリッジとは?

クラウン・ブリッジは、それぞれ成形充填物・インレー以外の歯冠補綴装置を総称する「クラウン」と、少数歯欠損に対し残存歯やインプラントを支台歯として連結補綴する義歯「ブリッジ」を指す。クラウン・ブリッジはどちらも残存歯を介して歯根膜に支持を求める補綴装置である。ブリッジは支台装置・ポンティック(歯の喪失部分にあたる人工歯)・連結部から構成される。

クラウン・ブリッジの特徴

  • 補綴装置が支台歯と一体化することで歯列・咬合が安定する
  • 歯根膜に支持を求めるので、違和感が少ない
  • クラウン・ブリッジの形態や色調が天然歯に近いことは、咀嚼・嚥下・構音・コミュニケーション、さらには自浄性の改善に効果がある
  • クラウン・ブリッジは単独歯から少数歯欠損にも対応できるので、適応の幅が広い
  • クラウン・ブリッジの保持に適した形態にするために歯質を切削する必要がある
  • ブリッジは可撤性の義歯に比べて清掃性に劣る
  • 可撤性の義歯に比べ修理が困難である

クラウン・ブリッジの種類

【クラウン】
  • 全部被覆冠
    • 全部金属冠
    • 前装冠
    • ジャケットクラウン
  • 部分被覆冠
    • 3/4クラウン
    • 4/5クラウン
    • 7/8クラウン
    • ピンレッジ
    • プロキシマルハーフクラウン
    • アンレー
    • ラミネートべニア
    • 接着ブリッジの支台装置
  • 継続歯

【ブリッジ】
  • 固定性ブリッジ
  • 半固定性ブリッジ
  • 可撤性ブリッジ

クラウン・ブリッジの症例リスト

【偶発的露髄】
頬側に偏位している天然歯の形成中に(齲蝕除去時は別として)初めて偶発露髄を経験しました。
それも2本同時に。。

感染していない歯髄なのでCvekのパルポトミーと同様にラウンドバーで2mm程度削り込み、MTA→セラカルという様に対処しました。

皆さんは偶発的露髄してしまった場合、どのように対処していますか?
そもそもそういった可能性が考えられる場合、グロスプレパレーションを繰り返すと聞いたこともありますが、そういった場合は再度形成するまでどれくらい期間をあけるのでしょうか?
宜しくお願い致します。

1Dでこの症例を見る

[Partially Direct Veneer Restoration]
結婚式を1週間以内に控えた患者さんのケース

1Dでこの症例を見る

【外傷により破折した歯をどうしても残したいという患者さん】
前医がエクストルージョンで保存を試みたものの歯肉縁直上で再度歯冠破折を起こしてしまった右上2番
結局動揺度1が残存したことや、患者都合により保険のクラウンとなりました。
シェードテイキングに来てもらい今度初めてピンクポーセレンを使ったクラウンセットとなりました。
芸能人ではナイナイの岡村はピンクポーセレン使った前歯があるそうです。

1Dでこの症例を見る

クラウン・ブリッジに関連する用語