歯科用語集

2022年03月15日

楔応力検査

「楔応力検査」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

楔応力検査(くさび応力検査)とは?

楔応力検査(くさび応力検査)とは、歯の亀裂や歯の破折が疑わしい場合に、割り箸バルサ材などを1歯ずつ噛ませて疼痛の有無を調べて原因歯を特定する検査法です。歯の亀裂や歯の破折による咬合痛を診査する上で、簡便な上に侵襲性の低い検査法です。
割り箸ではなく、専用の器具(Tooth Slooth)が楔応力検査に用いられることもあります。楔応力検査は英語でwedging testと呼ばれています。

この記事は無料の会員限定です
会員登録して読む(無料)
ログインして読む