楔応力検査

「楔応力検査」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

楔応力検査(くさび応力検査)とは?

楔応力検査(くさび応力検査)とは、歯の亀裂や歯の破折が疑わしい場合に、割り箸バルサ材などを1歯ずつ噛ませて疼痛の有無を調べて原因歯を特定する検査法である。歯の亀裂や歯の破折による咬合痛を診査する上で、簡便な上に侵襲性の低い検査法である。
割り箸ではなく、専用の器具(Tooth Slooth)が楔応力検査に用いられることもある。楔応力検査は英語でwedging testと呼ばれている。

「楔応力検査」の文献・書籍など

【読み】

くさびおうりょくけんさ

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

この用語が出てくる記事