歯科用語集

2022年03月15日

ミラーの化学細菌説

「ミラーの化学細菌説」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

ミラーの化学細菌説とは?

ミラーの化学細菌説とは、1890年にW.Millerが提唱した齲蝕発症に関する考えで、微生物によって発酵が進む過程で糖から産生された酸が歯質を脱灰させるというものです。酸は乳酸が主体で、他に酢酸、プロピオン酸、ギ酸が代表例として挙げられます。ミラーの化学細菌説は現在に至るまで支持されています。

この記事は無料の会員限定です
会員登録して読む(無料)
ログインして読む