レジンコーティング

「レジンコーティング」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

レジンコーティングとは?

レジンコーティングとは、間接法による接着性修復において、薄膜のレジンを歯面にコーティングすることで修復物の接着性向上、修復物の内面適合性の向上、露出した象牙質の保護、知覚過敏の防止などをはかる処置のことである。レジンコーティングは、接着技術の進歩により編み出された歯髄・象牙質の保護法といえる。
レジンコーティングには、コーティング材としてボンディングレジンやフロアブルコンポジットレジンを用いる。

「レジンコーティング」の文献・書籍など

【読み】

れじんこーてぃんぐ

【文献・書籍】

『保存修復学21 第5版』, 田上順次ら, 株式会社永末書店, 2017.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

この用語が出てくる記事