ベース(裏層法)

「ベース(裏層法)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ベースとは?

ベースとは象牙質・歯髄複合体の保護法である裏層法のうちの一つである。裏層法は外来刺激に対し物理的遮断を行う方法で、窩洞の局所的な深部に施す。


ベースの目的

ベースでは、深いう蝕を取り除き、窩洞に局所的な深部ができた場合、露髄象牙質への外来刺激の遮断、窩洞形態の修正(主にアンダーカットの埋め立て)、歯質の補強を行うことを目的とする。

ベースの術式

ベースでは従来型もしくはレジン添加型グラスアイオノマーセメントコンポジットレジンカルボキシレートセメントが用いられる。窩洞の局所的な深部にこれらのベース材を塗布し、硬化させる。間接修復の場合、ベース材の硬化後に窩洞形成と印象採得を行う。




「ベース(裏層法)」の文献・書籍など

【読み】

べーす(うらそうほう)

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。