歯科用語集

2022年03月13日

ベース(裏層法)

「ベース(裏層法)」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

ベースとは?

ベースとは象牙質・歯髄複合体の保護法である裏層法のうちの一つです。裏層法は外来刺激に対し物理的遮断を行う方法で、窩洞の局所的な深部に施します。

ベースの目的

ベースでは、深いう蝕を取り除き、窩洞に局所的な深部ができた場合、露髄象牙質への外来刺激の遮断、窩洞形態の修正(主にアンダーカットの埋め立て)、歯質の補強を行うことを目的とします。

ベースの術式

ベースでは従来型もしくはレジン添加型グラスアイオノマーセメントコンポジットレジンカルボキシレートセメントが用いられます。窩洞の局所的な深部にこれらのベース材を塗布し、硬化させます。間接修復の場合、ベース材の硬化後に窩洞形成印象採得を行います。