歯科用語集

2022年03月15日

ライニング (裏層法)

「ライニング (裏層法)」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

ライニングとは?

ライニングとは象牙質・歯髄複合体の保護法である裏層法のうちの一つです。裏層法は外来刺激に対し物理的遮断を行う方法で、ライニングの他にはベースレジンコーティングがあります。

ライニングの目的

ライニングは露出象牙質を薄い材料で物理的に保護して外来刺激の影響を遮断します。コンポジットレジンを用いる場合、レジンインプレグネーション法、積層充填、フロアブルレジンの利用などが挙げられます。">コントラクションギャップの防止、塡塞不足による気泡の生成の防止、重合収縮の影響の緩和が期待できます。

ライニングの術式

ライニングでは従来型もしくはレジン添加型グラスアイオノマーセメントフロアブルコンポジットレジンが用いられます。露出象牙質にこれらの裏層材を塗布し、硬化させます。