ライニング (裏層法)

「ライニング (裏層法)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ライニングとは?

ライニングとは象牙質・歯髄複合体の保護法である裏層法のうちの一つである。裏層法は外来刺激に対し物理的遮断を行う方法で、ライニングの他にはベースレジンコーティングがある。

ライニングの目的

ライニングは露出象牙質を薄い材料で物理的に保護して外来刺激の影響を遮断する。コンポジットレジンを用いる場合、コントラクションギャップの防止、塡塞不足による気泡の生成の防止、重合収縮の影響の緩和が期待できる。

ライニングの術式

ライニングでは従来型もしくはレジン添加型グラスアイオノマーセメントフロアブルコンポジットレジンが用いられる。露出象牙質にこれらの裏層材を塗布し、硬化させる。






「ライニング (裏層法)」の文献・書籍など

【読み】

らいにんぐ(うらそうほう)

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

レジン修復の症例リスト

【気を使ったポイント】
湿潤口腔内で色味を確認する。
モノクロ写真で明度を確認する。
歯頚部CRの時は圧排糸を入れる。
歯冠側にはベベルを付ける。
齲窩下底部はフローでライニングする。
デンティン色は基本4を使う。
咬合紙を擦りつけて表面性状を見る。
角度を変えて断面を見たり、エアーをかけることで段差を見つける。

1Dでこの症例を見る