レジンタグ

「レジンタグ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

レジンタグとは?

レジンタグとは、象牙細管の開口部にレジンが侵透して硬化した部分である。レジンタグが形成されることで機械的嵌合を得ることができ、保持力が発揮される。

「レジンタグ」の文献・書籍など

【読み】

れじんたぐ

【文献・書籍】

『保存修復学21 第5版』, 田上順次ら, 株式会社永末書店, 2017

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。