レジンインプレグネーション法

「レジンインプレグネーション法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

レジンインプレグネーション法とは?

レジンインプレグネーション法とは、コントラクションギャップの対策の一つである。毛細管現象を利用して、ボンディング材で窩洞辺縁に生じたギャップを埋めるという手法である。

「レジンインプレグネーション法」の文献・書籍など

【読み】

れじんいんぷれぐねーしょんほう

【文献・書籍】

『保存修復学21 第5版』, 田上順次ら, 株式会社永末書店, 2017.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。