歯科用語集

2022年03月15日

歯間分離

「歯間分離」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

歯間分離とは?

歯間分離」とは、歯と歯の間を一時的に分離してコンタクトポイントの離間をはかり、以下の操作を的確に行うための方法です。歯間分離の分類として、即時分離法と緩徐分離法の2つの方法があります。

歯間分離の目的

歯間分離の目的としては、以下があります。
  • 隣接面の検査の容易化
  • 窩洞形成の容易化
  • 填塞、研磨操作の容易化
  • コンタクトポイントの確実な同復
  • 隔壁、バンドなどの装着の容易化

即時分離法(歯間分離)

歯間分離の即時分離法とは、セパレーターやくさびを用いて、術中にその場ですぐに術間を分離することです。歯間分離の即時分離法では疼痛を伴ったり、歯肉傷つけないように注意します。

緩徐分離法(歯間分離)

歯間分離の緩徐分離法とは、弾性ゴム、ストッピング、結紫線、木片などを歯間部に挿入し、次回来院時までに徐々に分離させることです。歯間分離の緩徐分離法は通常は臼歯部で行われることが多いです。矯正歯科領域では、歯間分離の緩徐分離法をバンドの装着の前の来院時に使うことがあります。