歯間分離

「歯間分離」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

歯間分離とは?

歯間分離」とは、歯と歯の間を一時的に分離してコンタクトポイントの離間をはかり、以下の操作を的確に行うための方法である。歯間分離の分類として、即時分離法と緩徐分離法の2つの方法がある。



歯間分離の目的

歯間分離の目的としては、以下がある。
  • 隣接面の検査の容易化
  • 窩洞形成の容易化
  • 填塞、研磨操作の容易化
  • コンタクトポイントの確実な同復
  • 隔壁、バンドなどの装着の容易化

即時分離法(歯間分離)

歯間分離の即時分離法とは、セパレーターやくさびを用いて、術中にその場ですぐに術間を分離することである。歯間分離の即時分離法では疼痛を伴ったり、歯肉傷つけないように注意する。

緩徐分離法(歯間分離)

歯間分離の緩徐分離法とは、弾性ゴム、ストッピング、結紫線、木片などを歯間部に挿入し、次回来院時までに徐々に分離させることである。歯間分離の緩徐分離法は通常は臼歯部で行われることが多い。矯正歯科領域では、歯間分離の緩徐分離法をバンドの装着の前の来院時に使うことがある。




「歯間分離」の文献・書籍など

【読み】

しかんぶんり

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

レジン修復の症例リスト

【恐らく矯正用歯間分離ゴムによって歯周膿瘍が引き起こされた症例】

思春期の歯肉が健康だった患者に、歯間分離ゴム装着後急速に歯槽骨吸収が起こり、歯周膿瘍が併発した症例

論文では、病変の徴候が見られた場合、早めにX線画像を撮ることが求められるとされている。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3335709/

1Dでこの症例を見る

隣接面をCRする時は前歯も臼歯もウェッジ使いますか?

1Dでこの症例を見る

模試でガッタパーチャポイントで歯間分離できるという問題があったのですが、どうやって行うかわかる人いますか?

1Dでこの症例を見る