自在ろう付け法

「自在ろう付け法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

自在ろう付け法とは?

自在ろう付け法はろう付け法の一種で、埋没固定を行わずに手指やビンセットで同定し、きわめて細い炎の調節できる特別なガスバーナーを用いて直接ガス炎上で流ろうする方法である。
自在ろう付け法はおもに歯列矯正装置の線やバンドをろう付けする際行う。

「自在ろう付け法」の文献・書籍など

【読み】

じざいろうずけほう

【文献・書籍】

『新編 歯科理工学 第5版』, 小田豊ら, 株式会社学建書院, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語