歯科用語集

2022年08月05日

矢状切歯路傾斜角(矢状切歯路角)

「矢状切歯路傾斜角(矢状切歯路角)」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

矢状切歯路傾斜角(矢状切歯路角)とは?

矢状切歯路傾斜角(矢状切歯路角)とは、咬頭嵌合位から下顎の前方運動をし、最前方位に至る際に下顎中切歯間の点(切歯点)をプロットしたときの直線が基準平面(仮想咬合平面とは区別されます。">咬合平面など)となす角度のことである。基準平面が仮想咬合平面とは区別されます。">咬合平面と仮定した場合は40〜50°とされています。
この記事は無料の会員限定です
会員登録して読む(無料)
ログインして読む