掌蹠膿疱症

「掌蹠膿疱症」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

掌蹠膿疱症とは?

掌蹠膿疱症とは、手のひらや足底に膿疱が繰り返し多発する皮膚疾患である。掌蹠膿疱症で見られる嚢胞は無菌性であり、そのため人にうつることはありません。



掌蹠膿疱症の症状

掌蹠膿疱症の主な症状は以下である。
  • 該当部位のかゆみ
  • 手のひらや足底に境界明瞭な紅斑、その上に栗ほどの大きさの嚢胞が密集
  • 嚢胞が治ってくると皮がむけたり、皮膚表面がカサカサ・ザラザラになる

掌蹠膿疱症の原因

掌蹠膿疱症の原因は、慢性の感染病巣や金属アレルギーであるとされている。口腔内の金属補綴物と掌蹠膿疱症の関わりも深いとされている。

掌蹠膿疱症の治療方法

掌蹠膿疱症の治療では、炎症症状を抑えるために副腎皮質ステロイド軟膏の塗布が為される。
また掌蹠膿疱症の原因として
慢性の感染病巣が疑われる場合:抗菌薬の投与
金属アレルギーが疑われる場合:口腔内の金属補綴物の除去




「掌蹠膿疱症」の文献・書籍など

【読み】

しょうせきのうほうしょう

【文献・書籍】

『歯科医師国家試験参考書New Text別冊 口腔外科セレクトアトラス 第1版』, 麻布デンタルアカデミー, 株式会社干乃コーポレーション, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

口腔外科疾患の症例リスト

【掌蹠膿疱症は、根尖病巣とタバコが強く関連】
〜金属アレルギーはあまり関連しない〜

という記事。

https://sp.fnn.jp/posts/00398780HDK

1Dでこの症例を見る

「口腔外科疾患」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事