篩分法

「篩分法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

篩分法とは?

篩分法とは、全部床義歯装着患者の咀嚼機能・咀嚼能力の評価方法の1つである。篩分法では、ピーナッツなどの試験試料を咀嚼させ、その粉砕粒子の分布状態によって咀嚼効率・咀嚼能力を評価する。


直接的検査法と間接的検査法

全部床義歯装着患者の咀嚼機能・咀嚼能力の評価方法には直接的検査法と間接的検査法の2つがある。篩分法は直接的検査法である。それぞれ、篩分法以外にも以下のような方法がある。
  • 直接的検査法
    • チューインガム・グミゼリーを使い、糖やゼラチンなどの内容物の溶出量により判定する方法
    • リストアップされた摂取可能食品をアンケート表で問い、点数化することによって総合的に評価・判定する方法
  • 間接的検査法
    • 試料を咀嚼させて切歯点の運動を記録し、運動経路・運動リズム・運動速度などを分析し判定する方法
    • 咀嚼時の筋活動を記録し、筋電図を分析することによって判定する方法
    • 咬頭嵌合位における咬合接触面積・咬合接触点数を測定し、咬合接触状態から判定する方法
    • 最大咬合力から判定する方法




「篩分法」の文献・書籍など

【読み】

しぶんほう

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語