歯周外科手術

「歯周外科手術」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

歯周外科治療とは?

歯周外科治療とは、歯周基本治療・イニシャルプレパレーションで改善しなかった歯周ポケットの残存を除去する外科手術のことである。歯周外科治療をすることによって、アタッチメントゲインや歯槽骨の再生などの歯周組織の再生が可能になる。

歯周外科治療の目的・適応症

歯周外科治療の目的・適応症としては、下記の項目が挙げられる。
  • 歯周基本治療・イニシャルプレパレーションで改善しなかった清掃困難な深い歯周ポケットの除去
  • 口腔清掃を困難にする歯周組織、小帯、口腔粘膜の形態異常の改善
  • 失われた歯周組織の再生と付着・アタッチメントの獲得
  • 前歯部の歯肉肥大や歯肉退縮による審美的不良の改善
  • 適切な保存修復や補綴処置を行うための形態の修正などの前処置

歯周外科治療の禁忌症

歯周外科治療は、下記で挙げるような症例に対しては禁忌である。
  • 口腔清掃不良・プラークコントロール不良
  • 血小板減少症や血友病などの出血性疾患
  • 好中球減少症などの易感染性
  • 重度な全身疾患等

歯周外科治療の種類・分類

歯周外科治療には、次で挙げるような種類・分類がある。
  • フラップ手術(歯肉剥離掻爬術・歯周ポケット除去手術)
  • 歯肉歯槽粘膜形成術(MGS: Muco Gingival Surgery)、歯周外科形成手術(PPS: Periodontal Plastic Surgery)
    • 遊離歯肉移植術
    • 結合組織移植術
    • 口腔前庭拡張術
    • 歯槽粘膜開窓術
    • 小帯切除術
    • 歯肉弁側方移動術
    • 両側乳頭弁移動術
    • 歯肉弁歯冠側移動術
    • 歯肉弁根尖側移動術
  • 歯周組織再生手術
    • 歯周組織再生誘導法(GTR法)
    • エナメルマトリックスタンパク質
    • 多血小板血漿(PRP)

歯周外科治療で用いる器具・器材

歯周外科治療で用いる器具や器材には、主に以下のようなものがある。
  • ミラー
  • ピンセット
  • 歯周プローブ
  • ファーケーションプローブ
  • クレンカプランピンセット
  • 注射器
  • 替刃メス・ホルダー
  • 外科用メス
  • スケーラー
  • 骨膜剥離子
  • 骨ノミ・骨ヤスリ
  • ラウンドバー
  • 持針器
  • 糸付き針
  • 歯肉鋏
  • ティッシュプライヤー
  • 止血鉗子
  • 口角鉤
  • ミニウムシリンジ
  • 外科用バキューム
  • ガーゼ

歯周外科手術の症例リスト

14-18FMCが全て二次カリエス、ほぼ縁下う蝕だった症例
①FMCおよびコア除去したところ
②ベース材充填し、1週間後
③APFおよび18抜歯
16のMB根を抜歯すべきか悩みました。デンタルからエンド由来ではなさそうだったのでMB根周囲の3璧性骨欠損内をデブライド後テルプラグ充填。
④術後1週間(コーパックなし)
⑤術後2週間(④で抜糸後コーパック)
⑥ラバー下にベース材および残存う蝕除去
⑦レチク
残存歯質が少なくパフォるのが怖かったので大臼歯もファイバーは1本です。
⑧概形成後

1Dでこの症例を見る

【VPT(Vital Pulp Treatment:生活歯髄切断法)】
Pt:特記すべき既往のない中年女性
S:連結されたFMCの下に歯間ブラシが通らないことが気になっていた。症状はない。
O:パントモ上でも分かるほどの隣接面カリエス(根面におよぶ)。6番はノンバイタル、7番はバイタル。
A:深いが、症状ないため間接覆髄でいけると思った。
P:1.5hアポ FMC・C除去、バルクベース裏装、TEK作成
D:予想よりも縁下深くCがあり、さらに露髄確実だったため途中でプラン変更した。
まず電メスで歯肉除去して縁下Cを取りきる。スケーラーで根面滑沢にした後、ボスミンガーゼを隣接縁下に留置した状態でVPTを実施した。セラカルで直接覆髄し、洗浄および止血は浸麻液に浸した滅菌綿球で行った。当日は6番のコア作るところまででTEKは作れなかった。
C:現在術後1m経っているがVital(+)である。
今後の課題として歯肉が上がってきた時、バルクベース面は弱い上皮性付着になってしまうと考えられるのでレングス等の歯周外科処置を同日実施できるようになること。より良いIsolation技術の習得。

写真1枚目:FMC・メタルコアおよびある程度のC除去したとこ
写真2枚目:縁下C取り切ってスケーラーする前
写真3・4枚目:直接覆髄前の洗浄、止血、簡易乾燥
写真5枚目:直接覆髄後
写真6枚目:隔壁フィッティング
写真7枚目:バルクベース充填、研磨後

1Dでこの症例を見る

【パピラ(歯間乳頭)における縫合とMTMについて】
11、12間および12口蓋部にわたる垂直性骨欠損に対して保険でFOpeを行いました。
使用した道具は15c、ブーザー2本、TG-0、バリオスのスケーラーです。

先日勉強会で再生療法の話になり、パピラ上の単純縫合が偏側に寄ってたから失敗したんだーって言っててこの12、13間くらいなのを歯肉溝切開していました。根近接してなければこの隙間でも15cとブーザー使用してパピラ残したまま剥離できるからそっちの方がいいんじゃないかなと思いました。どうなんでしょうか。
また歯肉溝切開での縫合について、最後の写真の黄☆のように(テンション強過ぎないよう)縫合すれば、縫合が偏側に寄ることがないからいいんじゃないかと思うんですけどどうでしょう。
最後に、11、12にブラケットをつけてローテーションすれば11、12の根近接改善できてさらに歯根膜付いてきてくれれば歯間の歯周組織も再生するのではないかと考えているのですがどうでしょう。
質問ばかりで申し訳ありません、宜しくお願い致しますm(_ _)m

1Dでこの症例を見る

歯周外科手術に関連する用語