抜髄処置に関連する用語と症例

「抜髄処置」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

抜髄処置とは?

抜髄処置とは、歯髄をすべて除去する治療法のことである。

抜髄処置の目的

歯髄保存療法で炎症が軽減・消退しない場合に、歯髄を除去することで患者を痛みから解放することが目的である。また歯髄を除去することにより歯周組織への炎症の波及を防止することができる。

抜髄処置の適応

  • 不可逆性歯髄炎
  • 覆髄・生活断髄の経過不良例
  • 便宜上抜髄が必要な例

抜髄処置の手順

  1. 診査・検査・診断
  2. 局所麻酔
  3. 既存の修復物・う蝕の除去
  4. ラバーダム防湿
  5. 髄腔開拡
  6. 歯髄の摘出
  7. 根管の拡大と清掃・根管形成
  8. 根管貼薬・仮封
  9. 根管充填

抜髄処置の症例リスト

【VPT(Vital Pulp Treatment:生活歯髄切断法)】
Pt:特記すべき既往のない中年女性
S:連結されたFMCの下に歯間ブラシが通らないことが気になっていた。症状はない。
O:パントモ上でも分かるほどの隣接面カリエス(根面におよぶ)。6番はノンバイタル、7番はバイタル。
A:深いが、症状ないため間接覆髄でいけると思った。
P:1.5hアポ FMC・C除去、バルクベース裏装、TEK作成
D:予想よりも縁下深くCがあり、さらに露髄確実だったため途中でプラン変更した。
まず電メスで歯肉除去して縁下Cを取りきる。スケーラーで根面滑沢にした後、ボスミンガーゼを隣接縁下に留置した状態でVPTを実施した。セラカルで直接覆髄し、洗浄および止血は浸麻液に浸した滅菌綿球で行った。当日は6番のコア作るところまででTEKは作れなかった。
C:現在術後1m経っているがVital(+)である。
今後の課題として歯肉が上がってきた時、バルクベース面は弱い上皮性付着になってしまうと考えられるのでレングス等の歯周外科処置を同日実施できるようになること。より良いIsolation技術の習得。

写真1枚目:FMC・メタルコアおよびある程度のC除去したとこ
写真2枚目:縁下C取り切ってスケーラーする前
写真3・4枚目:直接覆髄前の洗浄、止血、簡易乾燥
写真5枚目:直接覆髄後
写真6枚目:隔壁フィッティング
写真7枚目:バルクベース充填、研磨後

1Dでこの症例を見る

【転倒による歯冠破折】
終業ギリギリに電話あり駆け込んで来られた患者さん。破折した歯冠はありませんでした。
Cvek pulpotomy(複雑性歯冠破折(露髄)は2mm断髄して水酸化カルシウムorMTAで96%のサクセスレート)というのをやってみようかと思いましたが明日から2週間海外旅行ということで患者さんと相談し、抜髄することになりました。
1.5時間も残業してくれたスタッフには感謝です。
当院には水酸化カルシウムというとカルシペックスしかないんですが(MTAもあります)、Cvek pulpotomyはカルシペックスで代用しても大丈夫なんでしょうか?

1Dでこの症例を見る

こんにちは。
初めて投稿させて頂きます。

kr 30代男性
10年来の歯科受診で検診希望。
左下6実質欠損あり。自発痛なかったので、麻酔してカリエス除去していきました。コントラやスプーンエキスカ使用したら点状露髄しました。カリエスは頬側に広がってました。
自分はその時医院にあったダイカルとベースで覆とうしました。

2つ質問です。
①皆さんなら、点状露髄したら、どういった材料や処置法を考えられてますか?
②このように頬側のみで隣接まで含めないカリエスなら、最終修復はCRでしょうか?インレーでしょうか?
自分は隣接含めなければCRですることが多いのですが、その場合ベースを一旦外してダイカルの上にCRするものなのか悩んでおります。

ご意見、ご感想を教えて頂きたいと思います。
(デンタルの画像なくてすみません。)

1Dでこの症例を見る

抜髄処置に関連する用語