インプラントの診査・診断

「インプラントの診査・診断」とは?歯科用語の解説と症例を紹介
インプラント手術を検討する際は、患者の全身評価を行って手術が実施可能かどうかを判断する必要がある。インプラントの絶対的禁忌症として急性疾患・末期疾患・コントロール不良の代謝性疾患の患者や妊婦があるが、病状や全身状態が改善することが見込まれる場合にはインプラントが適応になることもあるので、正しく評価を行い適切な治療計画の立案が重要である。

インプラントの診査・診断項目

  • 視診や触診で軟組織や顎堤の状態を確認する
  • インプラント埋入予定の場所に大きさが既知のX線不透過性物質を設置し、X線写真を撮影したりCTを用いたりして解剖学的構造の位置・歯槽堤の形態。骨量や骨質を評価する

インプラントの診査・診断の症例リスト

13件歯科医院を回りインプラント相談。

6件はインプラントしない、できない。
3件は抜歯後、GBRで半年から1年コース
2件はapico
2件は抜歯即時。

この症例、抜歯即時で12wでISQ78。
プロビにしました。
患者さんに初診時に上顎のCのやり変え、咬合関係の是正もふまえ全学的なアプローチをするむねを得たうえで#21から始めました。

腫れ、痛みも与えず即時のメリットが最大限に発揮できた症例です!

1Dでこの症例を見る

【転倒によりインプラントプラットフォームがダメになってしまった症例】
元々は摘出予定でしたが、インプラント体は強くインテグレーションしており摘出による侵襲が大きいと判断して術中に患者さんの同意を得て保存的対処を行いました。
最近覚えたての言葉でRST(root submergence technique)とridge preservationという言葉があり、似たようになるかなと期待していました。
2枚目3枚目は処置後1ヶ月の写真です。
ブラッシング時にたまにズキッとした感覚があるとのこと。CTGは望まれませんでした。

1Dでこの症例を見る

下顎骨に生じた巨大な嚢胞。初診時と4ヶ月後のパノラマをシェアします。治療計画としては右下6番・7番はインプラントを埋入する予定で動いています。

1Dでこの症例を見る