上皮性付着

「上皮性付着」とは?歯科用語を解説
2019年10月14日

上皮性付着とは?

上皮性付着とは、「エナメル質」や「セメント質」と、「接合上皮」とを付着させる付着様式のことである。歯周治療の術後には、セメント質に長い上皮性付着が認められる。

「上皮性付着」の文献・書籍など

【読み】

じょうひせいふちゃく

【文献・書籍】

『臨床歯周病学 第2版』, 吉江弘正ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.