「こ」から始まる歯科用語一覧

「こから始まる歯科用語をまとめています。

「こ」から始まる歯科用語

  • 根面アタッチメントとは?根面アタッチメントとは、根面に適用されるアタッチメントのことである。根面アタッチメントはオーバーデンチャーと併用して用いられる...
  • 甲状腺刺激ホルモンとは甲状腺刺激ホルモンとは下垂体から分泌されるホルモンで、甲状腺の成長促進の作用と甲状腺上皮細胞に作用しT3(トリヨードサイロニン)や...
  • 抗ヒスタミン薬とは?抗ヒスタミン薬とは、ヒスタミン受容体のうち、H1受容体の選択的遮断薬で、ヒスタミンによるI型アレルギーの惹起を防止する薬物である。第...
  • コンタクトポイント(接触点)とは?コンタクトポイントとは、隣接する歯と歯が接している点のことである。歯列を構成するそれぞれの歯は近心と遠心で隣在歯とし...
  • 根尖性歯周炎とは?根尖周囲の歯周組織に生じた炎症であり、総称して根尖病巣、根尖病変ともいう。根尖性歯周炎は病態によって、急性単純性(漿液性)根尖性歯周...
  • 抗菌薬とは?抗菌薬とは、細菌を静菌もしくは殺菌する薬物である。抗ウイルス薬や抗真菌薬とは明確に区別がされる。
  • コンポジットレジン修復とは?コンポジットレジン修復とは、合成樹脂(レジン)とフィラーを組み合わせた複合的(コンポジット)な材料であるコンポジットレジン...
  • 根管充填とは?根管充填とは、根管の拡大と形成と消毒によって無菌的になった根管に細菌や有害物質が侵入し根尖周囲の組織を刺激しないように、根管を緊密に封鎖...
  • 口腔粘膜疾患とは?口腔粘膜疾患とは、口腔粘膜(舌、歯肉、口蓋、頬)の種々の異常のことである。代表的な口腔粘膜疾患には、以下のような疾患がある。白板症紅...
  • 高強度硬質レジンブリッジとは?高強度硬質レジンブリッジとは、エクスペリア(ジーシー)を使ったブリッジのことである。
  • 口腔ケアとは?口腔ケアとは、狭義には口腔清掃を意味するが、広義には口腔機能訓練を意味する。口腔清掃を主体とする口腔ケアのことを「器質的口腔ケア」、口腔...
  • 黒毛舌とは?黒毛舌とは、舌が角化亢進することにより、黒色をはじめとする色素沈着が生じている口腔粘膜疾患である。黒毛舌は別名、毛舌症ともいう。
  • 根管洗浄とは?根管洗浄とは、根管内の細菌数を減少させることを目的として、根管内の汚染物質を洗浄する根管治療中の術式の一つである。細菌そのものだけでなく...
  • コクサッキーウイルスとは?コクサッキーウイルスとはピコルナウイルス科のエンテロウイルス属のウイルスである。1947年にアメリカ合衆国ニューヨーク州コクサッ...
  • Gorlin-Goltz症候群とは?Gorlin-Goltz症候群とは、基底細胞母斑症候群のことである。以下の様な所見を示す。
  • コンサルテーションとは?コンサルテーションとは、歯科医師による診断や治療計画を患者さんに提案する一連のプロセスのことである。歯科治療においてコンサルテ...
  • 根管長測定器とは?根管長測定器とは、根管長を測定するための機械のことである。感染根管治療の良好な予後のためには、生理学的根尖孔の位置を正確に根管長測定...
  • 根管拡大とは?根管拡大とは、リーマーやファイルなどの手用切削器具を用いて機械的に根管を拡大する感染根管治療における術式のことである。根管拡大の方法とし...
  • 骨再生誘導材とは?骨再生誘導材とは、骨再生誘導法(guided bone regeneration method : GBR法)で使われる材料のことである。歯周組織再生療法(GTR法)は歯の...
  • 骨粗鬆症とは?骨粗鬆症とは、骨密度の低下などによって骨の強度が低下することで骨折が生じやすくなる状態のことである。骨粗鬆症は「原発性骨粗鬆症」と「続発...
  • 口腔がんとは?口腔がんとは、口腔内に生じる癌のことである。口腔がんは舌や口腔底、歯肉に生じる。舌にできた口腔がんを「舌癌」、口腔底にできた口腔がんを「...
  • 咬合紙とは?咬合紙とは、咬合接触検査に使う検査用具のひとつである。咬合紙は、両面に色索を固着したトレーシングペーパーである。咬合紙を噛ませて咬合させる...
  • 根管シーラーとは?根管シーラーとは、ガッタパーチャポイントによる根管充填を行う際に、根管壁とガッタパーチャポイントとの空隙を塞ぐことで、補助的に封鎖性...
  • 咬座印象とは?咬座印象とは、総義歯製作途中に生じる歪みを最終段階において修正することを主な目的として、人工歯排列や人工歯の削合も終了したろう義歯をトレ...
  • 骨芽細胞とは?骨芽細胞とは、骨を形成する細胞である。未分化間葉系細胞がRunx2とOsterixという転写因子によって骨芽細胞に誘導される。なお、OsterixはRunx2の...
  • 口臭(口臭症)とは?口臭(口臭症)とは、お口の中あるいは呼気の悪臭のことである。本人に口臭(口臭症)の自覚あっても、実際にはにおわないこともある(口臭...
  • 根面う蝕とは?根面う蝕とは、露出した歯根面に生じるう蝕のことである。根面う蝕は歯肉退縮による根面の露出が無い限り発症しないため、高齢者に特有のう蝕とし...
  • コロネクトミー(歯冠切除術)とは?コロネクトミー(歯冠切除術)とは、智歯の抜歯の際に歯冠部のみを切断除去し、歯根部を骨内に残存させる方法である。コロネ...
  • 個人トレーとは?個人トレーとは、精密印象採得のために研究用模型上で各患者個人の印象域に適合させて製作される印象用トレーのことである。既製トレーと比べて...
  • コーンのプライヤーとは?コーンのプライヤーとは、GTR法で使う、GTR膜を把持する器具である。コーンのプライヤーは、プライヤーの穴から縫合できることが特徴で...
  • コントラクションギャップとは?コントラクションギャップとは、コンポジットレジン充填においてレジンの歯面に対する接着力よりも重合収縮力が大きい場合に生じ...
  • 根分岐部病変とは?根分岐部病変とは、複根歯の根間中隔に歯周疾患による病変が波及した状態のことである。根分岐部病変はエックス線やファーケーションプローブ...
  • 口唇ヘルペスとは?口唇ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルス(HSV-1)による感染症である。口唇ヘルペスは通常10日ほどで治る。口唇ヘルペスは再発を繰り返すこ...
  • 咬合性外傷・外傷性咬合とは?咬合性外傷・外傷性咬合とは、咬合によって歯および歯周組織に損傷が与えられることである。外傷性咬合という「原因」によって、咬...
  • 根管形成とは?根管形成とは、機械的な方法により根管内の内容物の除去と根管壁の切削を行う感染根管治療における術式のことである。根管形成をすることによって...
  • 咬合面う蝕とは?咬合面う蝕とは、咬合面に生じたう蝕のことである。咬合面う蝕の診断のための検査法としては、う窩の形成がある場合は視診や触診が有効である。...
  • 咬合平面とは?咬合平面とは、下顎左右中切歯の近心隅角間の中点(切歯点)と下顎左右側第二大臼歯の遠心頬側咬頭頂をを結んだ三角形を含んだ平面として規定され...
  • 口唇口蓋裂とは?口唇口蓋裂とは、「口唇裂」と「口蓋裂」が合併したものである。口唇裂は口唇に先天的な裂奇形が生じたもの、口蓋裂は硬口蓋・軟口蓋のいずれか...
  • コンダイラー型咬合器とは?コンダイラー型咬合器とは、生体の顎関節構造とは逆に、下顎頭に相当する咬合器の顆頭球が咬合器の上顎部にあり、関節窩に相当する顆...
  • 硬質レジンジャケット冠とは?硬質レジンジャケット冠とは、歯冠用の硬質レジンを用いた全部被覆冠のことである。金属の裏打ちがなく、審美性に優れている一方で...
  • 口臭の原因物質とは?口臭の原因物質とは、主にVSC(揮発性硫黄化合物)である。VSC(揮発性硫黄化合物)は口腔内に常在している100種類以上の細菌によって産生...
  • 骨伝導性材料(インプラント治療)とは?インプラント治療における骨伝導性材料とは、骨伝導性がある材料のことをいう。骨伝導性とは、骨の形成が材料の表面に促...
  • 咬合彎曲とは?咬合彎曲とは、天然歯列において切縁や咬頭が接触する彎曲のことである。咬合彎曲というキーワードは、義歯などに付与する調節彎曲と区別される。
  • 咬頭干渉とは?咬頭干渉とは、咬合の不調和のひとつである。咬頭干渉は側方・偏心運動時に咬合が干渉し、円滑な機能運動を妨げるような咬合接触様式のことをいう...
  • 構音器官とは?構音器官とは、ことばの発音に関係する器官のことである。構音器官には、動的な構音器官と静的な構音器官がある。
  • コンタクトゲージとは?コンタクトゲージとは、隣在歯同士の隣接接触関係を客観的に診査することができる歯科器具である。以下では、コンタクトゲージによる隣接...
  • 咬合面再形成とは?咬合面再形成とは、義歯の人工歯咬合面を再構成することにより顎口腔系の形態、機能、審美性の回復を図る処置である。咬合面再形成は「咬合面...
  • コロナルリーケージとは?コロナルリーケージとは、「歯冠部から根管への微小漏洩のこと」である。コロナルリーケージは、根管治療・歯内療法が終了した歯の歯冠...
  • 咬合印象法とは?咬合印象法とは、支台歯と対合歯およびその咬合関係を、咬頭嵌合位において同時に採得する印象法である。咬合印象法では、咬合印象用トレー(バ...
  • 根管通過法とは?根管通過法とは、根管内から瘻管を経由して瘻孔から生理食塩水・0.1%アクリノール液・0.5%クロラミン液などの洗浄用薬液を排出させ、根尖病巣を...
  • 根面溝とは?根面溝とは、歯根面に生じる陥凹や縦溝のことである。根面溝の存在によって同部位が不潔になり、自浄性・清掃性が無くなるため、炎症性病変が進行し...
  • 口腔カンジダ症とは?口腔カンジダ症とは、真菌(かび)によって起こる口腔感染症である。口腔カンジダ症は乳幼児や高齢者など、免疫力が低い人に生じやすい。
  • 光線力学的診断法(PDD)とは?光線力学的診断法とは、病巣の特定を行う診断方法の一つである。病巣に対して親和性のある蛍光試薬を選択的に蓄積させ、特定の波...
  • 光線力学的治療法(PDT)とは?光線力学的治療法とは、光化学反応によって細胞を傷害する治療法である。光感受性物質が光の照射によって励起されて活性酸素が生...
  • 甲状舌管嚢胞とは?甲状舌管嚢胞とは、正中頸部にできる嚢胞である。甲状舌管嚢胞は10代以下と30代以上に多く見られ、舌骨と甲状線との間に発症することが多い。...
  • 骨形成線維腫とは?骨形成線維腫とは、骨様石灰化物を形成する線維腫の亜型である。骨形成線維腫は20〜30代の女性に発症しやすく、下顎骨体部に多く見られる。骨...
  • 根尖性骨性異形成症とは?根尖性骨性異形成症とは、セメント質やセメント質様硬組織を主体とする腫瘍、あるいは腫瘍状の病変である。以前は「根尖性セメント質異...
  • 紅板症とは?紅板症とは、別名「紅色肥厚症」とも呼ばれる、口腔粘膜の紅色の板状または斑状の病変である。紅板症は前癌病変であり、紅板症のうちおよそ40%は癌...
  • 口角炎とは?口角炎 angular cheilitis(口角びらん、口角びらん症)は、口角部にびらん、亀裂、潰瘍が生じ慢性に経過する病態をいう。口角炎の原因は様々で、誘...
  • コルネリア・ド・ランゲ症候群とは?コルネリア・ド・ランゲ症候群とは、原因不明の症候群の一つであり、歯科・口腔外科領域では口蓋裂を伴う疾患の一つである。
  • 高プロリンタンパク質(PRP)とは?高プロリンタンパク質(PRP)とは、唾液固有のタンパク質の一つである。高プロリンタンパク質(PRP)には酸性のものと塩基性のもの...
  • 咬合平衡とは?咬合平衡とは、英語では「オクルーザルバランス(Occlusal balance)」と言い、上下顎歯列が咬合する際に均等に接している咬合状態のことである。
  • Caldwell-Luc法とは?Caldwell-Luc法とは、上顎洞根治術の一つで、上顎洞炎の治療法である。上顎洞炎の中でも慢性化して炎症の消退が抗菌薬の投与でもみられない...
  • 溝状舌とは?溝状舌とは、舌背の表面に多数の溝がみられるものである。
  • 咬合挙上板とは?咬合挙上板とは、過蓋咬合改善のための矯正装置である。咬合挙上板は機能的矯正装置のうちの1つで、舌や口腔周囲筋自体の力、装置を介した筋力...
  • 咬合斜面板とは?咬合斜面板とは、混合歯列期における過蓋咬合を伴うAngle Ⅱ級1類のための矯正装置である。咬合斜面板は機能的矯正装置のうちの1つで、舌や口腔...
  • コンパウンドポケットとは?コンパウンドポケットとは、2歯面にわたって存在するポケットのことであり、歯周ポケットの種類のうちの1つである。歯周ポケットは骨...
  • コンプレックスポケットとは?コンプレックスポケットとは、ポケット開口部・深部ポケットが別の歯面に存在するポケットのことであり、歯周ポケットの種類のうち...
  • 合着とは?合着とは、支台歯などの形成歯や窩洞に対する修復物の装着方法の一つであり、接着とは区別される方法である。合着とは、形成歯面の凹凸と修復物表面の...
  • コンポジット系レジンセメントとは?コンポジット系レジンセメントとはレジンセメントの一つで、フィラーを含み、粉液タイプとペースト/ペーストタイプがある。...
  • コンパウンド印象材とは?コンパウンド印象材とは、概形印象用材料のうちの1つである。コンパウンド印象材は天然樹脂から作られている。コンパウンド印象材は加...
  • 咬筋触診法とは?咬筋触診法とは、水平的な顎間関係の確認法の一つである。咬筋触診法で水平的な顎間関係を求めることもできるが、客観性に欠ける反面、簡便であ...
  • 固定式外側性固定とは?固定式外側性固定とは、歯周病治療における暫間固定の一つで、歯質の外側で固定する外側性固定のなかで固定式外側性固定と区別される。固...
  • 咬頭嵌合位とは?咬頭嵌合位とは、上下顎の歯列が最も多くの部位で接触・安定した状態にあるときの下顎位のことである。咬頭嵌合位は、咀嚼運動の終末位および偏...
  • 光学印象とは?光学印象とは、直接対象物に触れずに光学的に物体の三次元的な形状を計測し、データ化する印象方法のことをいう。歯列を印象採得する場合は、模型...
  • 咬合違和感症候群とは?咬合違和感症候群とは、広義には、明らかな咬合の不調和が認められる場合、 また明らかな咬合の不調和が認められない場合(いわゆる特発...
  • 咬合音とは?咬合音とは、上下顎の歯の衝突・滑走により発生する顎口腔系諸組織の振動音通常である。頬骨部において聴診器などにより聴取するが、咬合接触部に異...
  • 咬合音検査とは?咬合音検査とは、咬合音を電気的に両側の眼窩下部あるいは頬骨弓部などに設置したマイクロフォンや加速度ピックアップで検出、表示することによ...
  • 咬合平面分析板とは?咬合平面分析板とは、Monson (1920)の球面説に基づく下顎の切緑咬頭の位置付け、ならびに咬合彎曲の分析に使われる直径8インチの球面をもつ...
  • コーヌス角とは?コーヌス角とは、コーヌステレスコープの内冠の軸面を延長してできる仮想円錐角度の1/2の角度のことである。発案者のKöberは、6度に設定したと...
  • 咬合高径とは?咬合高径とは、咬合採得や咬合位の評価などに関連して、歯や顔面に設定される種々の計測点間距離で表した、中心咬合位での上下顎間の垂直的距離で...
  • 個性的排列とは?個性的排列とは、患者の顔型・性別・年齢および個性を考慮して行う排列のことである。患者の顔は個々で異なる。そのため特定の歯列弓・画一的な...
  • 咬合圧印象とは?咬合圧印象とは、咬合床またはろう義歯をトレーとして用い、患者の咬合力で義歯床下粘膜を加圧した状態で採得する印象方法である。なお咬合圧印...
  • 根尖狭窄部とは?根尖狭窄部とは、根管の断面積が最も小さくなる場所で、解剖学的根尖孔よりも1㎜程度歯冠側にある。また、根尖狭窄部は根管長測定法によりその...
  • コーヌステレスコープ義歯とは?コーヌステレスコープ義歯とは、支台歯に設置するテーパーのついた内冠とそれに適合する形態を持った、義歯側に設置される外冠の...
  • 咬合採得とは?咬合採得とは、「中心咬合位における上下顎の位置的関係を再現して取リ出してくること」と定義されている。補綴装置の製作や咬合診断などにおいて...
  • 口腔前庭とは?口腔前庭とは、軟らかい口唇粘膜および頬粘膜と、歯の唇側・頬側面、可動性の少ない歯肉、歯槽粘膜に挟まれた空間である。英語では「Vestibulum o...
  • ゴールデンハー症候群とは?ゴールデンハー症候群とは、第一・第二鰓弓由来の組織が片側性に発育異常を示す先天奇形症候群である。ゴールデンハー症候群とhemifa...
  • コンケイブとは?コンケイブは歯科では矯正歯科と保存修復分野で使われる用語である。矯正歯科分野でコンケイブは、側貌で口唇が陥凹しているタイプの顔貌を形容...