高プロリンタンパク質(PRP)

「高プロリンタンパク質(PRP)」とは?歯科用語を解説
2019年10月13日

高プロリンタンパク質(PRP)とは?

高プロリンタンパク質(PRP)とは、唾液固有のタンパク質の一つである。高プロリンタンパク質(PRP)には酸性のものと塩基性のものがある。耳下腺では塩基性高プロリンタンパク質(PRP)、顎下腺では酸性と塩基性両方の高プロリンタンパク質(PRP)が分泌される。

酸性高プロリンタンパク質(PRP)はカルシウム結合能が大きいためハイドロキシアパタイトに強く吸着することができる。これによりハイドロキシアパタイトや歯石の形成を阻害する。

塩基性高プロリンタンパク質(PRP)の機能として唾液に潤滑性を与える、口腔内細菌やタンニン誘導体と結合して毒性を中和することなどが挙げられる。

「高プロリンタンパク質(PRP)」の文献・書籍など

【読み】

こうぷろりんたんぱくしつ(ぴーあーるぴー)

【文献・書籍】

『口腔生化学 第5版』, 早川太郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2011