コロナルリーケージ

「コロナルリーケージ」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

コロナルリーケージとは?

コロナルリーケージとは、「歯冠部から根管への微小漏洩のこと」である。コロナルリーケージは、根管治療・歯内療法が終了した歯の歯冠側から口腔内細菌が侵入し、その歯の根管が再感染を起こしてしまうため、近年注目されている概念である。



コロナルリーケージ = 歯冠側漏洩

コロナルリーケージの英語スペルはcoronal leakageであり、直訳すると「歯冠側の漏洩」である。なお、根管充填剤の隙間を細菌が通過することも、広義ではコロナルリーケージという。

コロナルリーケージの原因

コロナルリーケージの原因としては、感染根管治療中の不確実な仮封や仮封の脱離、不良な根管封鎖、不適切な支台築造、不適合修復・補綴物などが挙げられる。

コロナルリーケージの予防

コロナルリーケージを防ぐために、根管口や歯冠歯髄腔を接着性材料で封鎖しようという試みがなされている。



「コロナルリーケージ」の文献・書籍など

【読み】

ころなるりーけーじ

【文献・書籍】

『エンドドンティクス 第2版』, 興地隆史ら, 株式会社永末書店, 2018.
『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.
『新・楽しくわかるクリニカルエンドドントロジー』小林千尋, 医歯薬出版株式会社, 2013.