根面溝

「根面溝」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

根面溝とは?

根面溝とは、歯根面に生じる陥凹や縦溝のことである。根面溝の存在によって同部位が不潔になり、自浄性・清掃性が無くなるため、炎症性病変が進行しやすくなる。スケーリング・ルートプレーニング(SRP)の際には根面溝を含めた歯根形態を正確に把握しておくことが重要である。



根面溝・フルーティング・グルーブ

根面溝はフルーティング、グルーブとも呼ばれることがある。




「根面溝」の文献・書籍など

【読み】

こんめんこう

【文献・書籍】

『臨床歯周病学 第2版』, 吉江弘正ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.
『歯周治療プラクティスマニュアル』, 五味一博士, 永末書店, 2013.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「アカデミック」に関連する他の用語