歯科用語集

2022年06月30日

口腔前庭

「口腔前庭」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

口腔前庭とは?

口腔前庭(英:Vestibulum oris)とは、歯列弓の外側で、口唇粘膜および頬粘膜と、歯列に挟まれた空間を指します。
口腔前庭に存在する構造物
口腔前庭に存在する解剖学的な構造物としては耳下腺乳頭、上唇小帯、下唇小帯、頬小帯などがある。
  
口腔前庭拡張術とは?
口腔前庭拡張術とは、口腔内の清掃性の向上、歯肉の健康維持などを目的として付着歯肉および口腔前庭の拡張を行うための外科手術である。
 切開は部分層弁とし、適切な口腔前庭になるよう歯肉を移動し、骨膜縫合をする。
この記事は無料の会員限定です
会員登録して読む(無料)
ログインして読む