歯科用語集

2022年03月15日

パーフォレーション(穿孔)/ perforation

「パーフォレーション(穿孔)/ perforation」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

パーフォレーション(穿孔)/perforationとは?

パーフォレーション(perforation)とは、根管治療をしている際に生じることのある偶発症の一つです。パーフォレーションは「穿孔」ともいいます。パーフォレーションは、根管と歯周組織または口腔との間に人工的に形成された交通路であると定義できます。

歯科医療者の間では、根管治療中にパーフォレーションしてしまうことを俗に「パフォる(パーフォレーションする)」と呼んでいます。




パーフォレーション(穿孔)/perforationの分類

パーフォレーション(穿孔)の分類として、パーフォレーションした部位による分類法があります。すなわち、歯頚部1/3で生じたパーフォレーション、歯根中間部1/3で生じたパーフォレーション、根尖部1/3で生じたパーフォレーションの3つに分類する方法です。

歯頚部1/3におけるパーフォレーションとは、歯冠部や髄床底部、根管口側方部でパーフォレーションが生じた場合です。歯頚部におけるパーフォレーションの場合、歯周ポケットと交通すると予後が悪くなるとされています。

なお、根尖部1/3におけるパーフォレーションは外科的治療が可能な場合は予後は比較的良好です。

パーフォレーションリペア(穿孔修復)

パーフォレーション(穿孔)した根管を治療することを、パーフォレーションリペアといいます。パーフォレーションリペアは日本語では穿孔修復といいます。

パーフォレーションした歯の予後について、以前は抜歯が適用されることも多かったが、現在ではマテリアルの発達により封鎖性が向上したため、保存的治療が可能となりました。

ストリップパーフォレーションとは

ストリップパーフォレーションとは、彎曲根管内彎部における偏った切削や過度の根管拡大により根管壁が部分的に薄くなり、スリット状に穿孔することを指しています。

彎曲根管の拡大・形成を行う際、ファイルのサイズ(号数・番号)を上げていくにつれてファイルの弾性は低下していく為、根管の内彎側にファイルが接触しやすくなる結果、根管が内彎側に偏位するように拡大され根管壁が菲薄になり、根管の拡大・形成中に人工的に穿孔させてしまうことがあります。これをストリップパーフォレーションといい、根管壁の歯質が薄くなり歯軸方向に細長い穿孔が生じます。また、根管上部の感染根管治療において回転切削器具を用いて根管の上部に外開き形態を付与する術式・操作のことです。根管上部にフレアー形成を行うことによって、その後の根管洗浄や根管形成を容易にすることができます。フレアー形成は英語では「coronal flaring」や「coronal flare preparation」と呼び、日本語でも「根管口明示」や「根管口の漏斗状拡大」と呼ばれる術式です。">フレアー形成(根管口の漏斗状拡大)の際に、ピーソーリーマーやゲーツグリデンドリルなどの挿入角度が制限されたまま回転切削を行った場合にも起こることがあります。

上顎大臼歯の近心頬側根と下顎大臼歯近心根の遠心側根管壁、上顎小臼歯や下顎切歯のように近遠心的に圧平された根管、ならびに下顎第二大臼歯における樋状根管の内側壁は歯質が薄く注意が必要な部位です。

ストリップパーフォレーションに対する処置

ストリップパーフォレーションに対する処置としては、まず電気的根管長測定器とファイル、あるいはガッタパーチャポイントを使用し、エックス線撮影を行います。次にマイクロスコープ観察下で穿孔位置や状態などをよく診査します。洗浄、消毒、止血後、光硬化型グラスアイオノマーセメントや光重合型接着性レジン、あるいはMTAセメント(Mineral Trioxide Aggregate cement)を穿孔部に充填します。

症状が改善しない場合、外科的歯内療法として、ヘミセクション/トライセクション、ルートアンプテーション、意図的な歯の再植法を行います。

ストリップパーフォレーションの予防

ストリップパーフォレーションを予防する為には、以下の点に注意して治療を行う必要があります。
  • 彎曲している根管形態に対してファイルやピーソーリーマーなどを使用する場合は無理な器具操作を行わない。
  • ステンレススチール製手用ファイルにプレカーブを付与し、ファイリング操作を主体としたステップバック法で根管の拡大・形成を行う。
  • ニッケルチタン(Ni-Ti)製ロータリーファイルを使用し、根管の彎曲から逸脱しないように適正な器具操作を行う。




この記事は無料の会員限定です
会員登録して読む(無料)
ログインして読む