バイトジャンピングアプライアンス

「バイトジャンピングアプライアンス」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

バイトジャンピングアプライアンスとは?

バイトジャンピングアプライアンスとは、床矯正装置と機能的矯正装置を組み合わせた装置である。バイトジャンピングアプライアンスは顎骨の成長期に見られる、骨格性上顎前突の改善に使用される。



バイトジャンピングアプライアンスの構造・特徴

バイトジャンピングアプライアンスは、従来の上下一体化した機能的矯正装置とは異なる。
バイトジャンピングアプライアンスは、
  • 上顎:ガイドバーを持つ床矯正装置
  • 下顎:ガイドプレーンを持つ床矯正装置
をそれぞれ装着して使用する。
これによりバイトジャンピングアプライアンスを装着した際、違和感が少なく会話にも影響しにくいといった特徴を持つ。

バイトジャンピングアプライアンスは、下顎の成長促進効果のみならず、上顎の成長抑制効果もあると報告されている。

バイトジャンピングアプライアンスの適応

バイトジャンピングアプライアンスの適応症は骨格性上顎前突である。




「バイトジャンピングアプライアンス」の文献・書籍など

【読み】

ばいとじゃんぴんぐあぷらいあんす

【文献・書籍】

『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語