Hegar型持針器

「Hegar型持針器」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

Hegar型持針器とは?

Hegar型持針器とは持針器の一種である。




Hegar型持針器の特徴

Hegar型持針器は軟らかい組繊や小さな部分の縫合に適しているので口腔外科領域の縫合では一番多く使われる。
止血鉗子と同じく指を通す輪とロック機構を持ち、内面には縫合針の滑り止めとして超硬合金チップが付いている。
またHegar型持針器は糸付き針を用いて器械結びを行うのにも適している。




「Hegar型持針器」の文献・書籍など

【読み】

へがーるがたじしんき

【文献・書籍】

『イラストでみる口腔外科手術 第1巻』, 日本口腔外科学会, クインテッセンス出版株式会社, 2011.
『最新 口腔外科学 第5版』, 榎本昭二ら, 医歯薬出版株式会社, 2017.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語