印象用コーピング

「印象用コーピング」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

印象用コーピングとは?

印象用コーピングとは、口腔内のインプラント体の位置をインプラントレベルで印象採得し、作業用模型上に転記する目的で用いられるパーツ・コンポーネントである。口腔内でインプラント体と連結し、その後印象採得を行う。
インプラントの印象採得としてオープントレー法とクローズドトレー法があるが、それぞれに対応する印象用コーピングがある。印象用コーピングは、インプレッションコーピングともいう。

「印象用コーピング」の文献・書籍など

【読み】

いんしょうようこーぴんぐ

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

インプラントの埋入の症例リスト

模試で、インプラントの問題があり、方向指示棒やインプラントアナログ、印象用コーピングが選択肢にあったのですがよく分かりません……。教えてください!

1Dでこの症例を見る