偏性細胞内寄生菌

「偏性細胞内寄生菌」とは?歯科用語を解説
2019年10月06日

偏性細胞内寄生菌とは?

偏性細胞内寄生菌とは、別の生物の細胞内でのみ増殖が可能な菌であり、それ自身が単独では増殖できない微生物のことである。偏性細胞内寄生菌には、主に「リケッチア」と「クラミジア」の2種類がある。

「偏性細胞内寄生菌」の文献・書籍など

【読み】

へんせいさいんぼうないきせいきん

【文献・書籍】