歯科用語集

2021年11月25日

偏性細胞内寄生菌

「偏性細胞内寄生菌」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

偏性細胞内寄生菌とは?

偏性細胞内寄生菌とは、別の生物の細胞内でのみ増殖が可能な菌であり、それ自身が単独では増殖できない微生物のことである。偏性細胞内寄生菌には、主に「リケッチア」と「クラミジア」の2種類がある。

この記事は無料の会員限定です
会員登録して読む(無料)
ログインして読む