コントラクションギャップ

「コントラクションギャップ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

コントラクションギャップとは?

コントラクションギャップとは、コンポジットレジン充填においてレジンの歯面に対する接着力よりも重合収縮力が大きい場合に生じる空隙のことである。コントラクションギャップが生じることにより、歯髄刺激、細菌の侵入による二次う蝕や歯髄炎、色素の侵入による着色などの症状が現れる可能性がある。
コントラクションギャップへの対策としてレジンインプレグネーション法、積層充填、フロアブルレジンの利用などが挙げられる。


「コントラクションギャップ」の文献・書籍など

【読み】

こんとらくしょんぎゃっぷ

【文献・書籍】

『保存修復学21 第5版』, 田上順次ら, 株式会社永末書店, 2017.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。