樹脂含浸層(hybrid layer)

「樹脂含浸層(hybrid layer)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

樹脂含浸層(hybrid layer)とは?

樹脂含浸層(hybrid layer)とは、象牙質とレジンとの接着界面に生成される層のことである。象牙質表面の脱灰されたコラーゲン層にレジンモノマーが浸透し、重合・硬化して形成される。樹脂含浸層によってレジンと歯質は強固に接着することが可能となるため、象牙質接着において重要な役割を果たす。

「樹脂含浸層(hybrid layer)」の文献・書籍など

【読み】

じゅしがんしんそう(はいぶりっどれいやー)

【文献・書籍】

『保存修復学21 第5版』, 田上順次ら, 株式会社永末書店, 2017.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。