歯科用語集

2022年03月15日

C-factor (configuration factor)

「C-factor (configuration factor)」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

C-factor (configuration factor)とは?

C-factor (configuration factor)とは、窩洞形態を数値によって評価する方法の一つです。C-factor (configuration factor)の数値が大きくなるほどレジンの重合収縮力が増大します。C-factor=接着面積/非接着面積で求めることができ、ここでの接着面積とは、窩洞において歯面と接している面積を指します。それに対し非接着面積とは、修復物が外界に露出している部分の面積です。


この記事は無料の会員限定です
会員登録して読む(無料)
ログインして読む