麻酔診

「麻酔診」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

麻酔診とは?

麻酔診とは、局所麻酔を用いて患歯を同定する方法である。疑わしい歯に局所麻酔をすることによって疼痛が消失すれば、患歯を同定することができる。麻酔診では、麻酔の奏功範囲を狭くするために歯根膜麻酔が行われることが多い。麻酔診は、非歯原性歯痛の診断に用いられることもある。麻酔診は英語でanesthetic testという。

「麻酔診」の文献・書籍など

【読み】

ますいしん

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。