定量的可視光誘起蛍光法(QLF法)

「定量的可視光誘起蛍光法(QLF法)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年11月24日

定量的可視光誘起蛍光法(QLF法)とは?

定量的可視光誘起蛍光法(QLF法)とは、歯面に可視光を照射することによりエナメル質初期う蝕の診断 を行う検査法のことである。歯に青色光を照射すると健全歯質と異なり感染歯質は暗く見えることを利用して、定量的可視光誘起蛍光法(QLF法)はエナメル質初期う蝕を診査する。


「定量的可視光誘起蛍光法(QLF法)」の文献・書籍など

【読み】

ていりょうてきかしこうゆうきけいこうほう(きゅーえるえふほう)

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。