歯科用語集

2022年03月15日

定量的可視光誘起蛍光法(QLF法)

「定量的可視光誘起蛍光法(QLF法)」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

定量的可視光誘起蛍光法(QLF法)とは?

定量的可視光誘起蛍光法(QLF法)とは、歯面に可視光を照射することによりエナメル質初期う蝕の診断 を行う検査法のことです。歯に青色光を照射すると健全歯質と異なり感染歯質は暗く見えることを利用して、定量的可視光誘起蛍光法(QLF法)はエナメル質初期う蝕を診査します。

この記事は無料の会員限定です
会員登録して読む(無料)
ログインして読む