くさび状欠損(WSD)

「くさび状欠損(WSD)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

くさび状欠損(WSD)とは?症状・原因・好発部位

くさび状欠損(WSD)とは、不適切なブラッシング(強いブラッシング圧)やブラキシズムにより歯頚部エナメル質に応力が加わり、歯がくさび状に欠損することをくさび状欠損(wedges haped defect: WSD)という。
くさび状欠損(WSD)は、加齢などにより露出した歯頚部象牙質に特に生じやすい。特にくさび状欠損(WSD)は、犬歯・小臼歯の唇側歯頚部に好発する。
くさび状欠損(WSD)は特定の1歯に見られればブラキシズムが原因であることが多い。くさび状欠損(WSD)が連続した数歯に見られれば、ブラッシングが原因であることが考えられる。
くさび状欠損(WSD)による歯質の欠損部にはコンポジットレジン充填・グラスアイオノマーセメント充填をするほか、原因となったブラッシングの指導やブラキシズムの改善を行う。



アブフラクションとは?

くさび状欠損(WSD)のうち、特に咬合圧が原因となって欠損したものをアブフラクション(Abfraction)という。




「くさび状欠損(WSD)」の文献・書籍など

【読み】

くさびじょうけっそん(だぶりゅーえすてぃー)

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

Tooth Wearの症例リスト

WSDのCR充填です。
ラバーがかけられない場合でもテフロンテープや圧排糸で歯肉圧排することによりバーによる歯頸側の形態修正なしで充填することも可能です。
また、クランプをかけやすくする為にラバーの前に歯肉圧排を行うこともあります。

1Dでこの症例を見る
68歳のプラークコントロール良好な患者さん、歯肉退縮を止めることはできますか?

歯肉退縮を止めることはできるのでしょうか?

年齢が68で上下とも7番まであり
pc良好な女性なのですが、口腔内写真を撮影し、2年前と比べるとすこし歯肉がさがっていました。
wsdのcr跡もあるので噛み合わせも関係しているのでしょうか??

1Dでこの症例を見る

WSDが多くある患者さんにCRなどで充填しますか?
うちの職場のDr.は、WSDがあっても絶対に充填しません。患者さんには、WSDは虫歯でないので詰める必要はありません。と説明しています。
プラコンが悪い方には充填することでそこにプラークが付いてしまい、かえってプラコンが悪くなるという考えがあるのは分かるのですが、うちのDr.はプラコンに関わらず全ての患者さんに対してWSDを放置します。

適切な処置法を教えて下さい。

1Dでこの症例を見る