フランクフルト平面(FH平面)

「フランクフルト平面(FH平面)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年12月05日

フランクフルト平面(FH平面)とは?

フランクフルト平面(FH平面)とは、左右の眼点(瞳孔直下で眼窩下縁と交わる点)耳点(耳珠上縁)の2つで作られる平面のことである。フランクフルト平面(FH平面)-上顎模型の基底面との距離によって、上顎の垂直発育を判定することができる。英語:Frankfort horizontal plane。


フランクフルト平面の用途

フランクフルト平面は、顎顔面の形態を計測するための基準平面や、頭部X線規格写真撮影時の頭部の定位平面として用いられる。また歯科技工物製作の際、患者の顎顔面関係を再現するためにフェイスボウを用い、フランクフルト平面を基準に咬合器付着する(フェイスボウトランスファー)。

フランクフルト平面を基準とする咬合器

  • プロアーチ
  • ハノー
  • デンタータス
  • ホイップミックス
  • ディナー
  • スチュアート
  • サム

Tweedの三角とは?

フランクフルト平面、下顎下縁平面、下顎中切歯軸により構成される三角形である。フランクフルト平面と下顎下縁平面のなす角が30°、下顎下縁平面と下顎中切歯軸のなす角が90°、フランクフルト平面 と下顎中切歯軸のなす角が60°である事が理想的であり、矯正治療の目標とされる。



「フランクフルト平面(FH平面)」の文献・書籍など

【読み】

ふらんくふるとへいめん(えふえいちへいめん)

【文献・書籍】

『新しい歯科矯正学』,新井一仁ら,株式会社永末書店,2000
『無歯顎補綴治療学 第3版』, 市川哲雄ら, 医歯薬出版株式会社, 2016.

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。

「マルチブラケット」に関連する他の用語