ゲーツグリデンドリル

「ゲーツグリデンドリル」とは?歯科用語を解説
2019年10月16日

ゲーツグリデンドリルとは?

ゲーツグリデンドリルとは、感染根管治療の術式において根管上部のフレアー形成、根管口の漏斗状拡大、根管口明示に用いられる器具である。ゲーツグリデンドリルは長円形の短い刃部を有するステンレススチール製の回転切削器具である。ゲーツグリデンドリルは根管に低速正回転・軽圧で挿入し、引き上げながら根管上部のフレアー形成を行う。ゲーツグリデンドリルを用いる際にはパーフォレーション・穿孔やレッジを形成しないように注意が必要である。

「ゲーツグリデンドリル」の文献・書籍など

【読み】

げーつぐりでんどりる

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.