歯科用語集

2022年03月12日

ゲーツグリデンドリル

「ゲーツグリデンドリル」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

ゲーツグリデンドリルとは?

ゲーツグリデンドリルとは、感染根管治療の術式において根管上部の感染根管治療において回転切削器具を用いて根管の上部に外開き形態を付与する術式・操作のことです。根管上部にフレアー形成を行うことによって、その後の根管洗浄や根管形成を容易にすることができます。フレアー形成は英語では「coronal flaring」や「coronal flare preparation」と呼び、日本語でも「根管口明示」や「根管口の漏斗状拡大」と呼ばれる術式です。">フレアー形成、根管口の漏斗状拡大、根管口明示に用いられる器具です。ゲーツグリデンドリルは長円形の短い刃部を有するステンレススチール製の回転切削器具です。

ゲーツグリデンドリルは根管に低速正回転・軽圧で挿入し、引き上げながら根管上部の感染根管治療において回転切削器具を用いて根管の上部に外開き形態を付与する術式・操作のことです。根管上部にフレアー形成を行うことによって、その後の根管洗浄や根管形成を容易にすることができます。フレアー形成は英語では「coronal flaring」や「coronal flare preparation」と呼び、日本語でも「根管口明示」や「根管口の漏斗状拡大」と呼ばれる術式です。">フレアー形成を行います。ゲーツグリデンドリルを用いる際には、パーフォレーション・穿孔やレッジを形成しないように注意が必要です。
この記事は無料の会員限定です
会員登録して読む(無料)
ログインして読む