砥石

「砥石」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年12月05日

砥石とは?

砥石とは、歯科では切れ味が鈍くなったスケーラーの形態修正や日常のシャープニング、仕上げ用に使用する。砥石には手用砥石、ポイント型砥石、シャープニング用器械や器具専用砥石がある。




砥石の種類

砥石の種類は人工砥石と天然砥石に分けることができる。

【人工砥石】
  • ルビーストーン(粗い):切れ味が鈍くなった器具の形態修正
  • インディアナストーン(粗い):切れ味が鈍くなった器具の形態修正
  • セラミックストーン(最も細かい):日常のシャープニング、仕上げ用

【天然砥石】
  • アーカンサスストーン(細かい):日常のシャープニング、仕上げ用





「砥石」の文献・書籍など

【読み】

といし

【文献・書籍】

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。

歯周基本治療の症例リスト

スケーラーや超音波チップ作ってる錦部製作所の職人さんと話す機会があって、こちらをいただいた。

『学校で習ったシャープニング方法できちんと研ぐのは不可能に近い』

…まじか。

研ぎの職人さんが10年かけて習得するシャープニングを衛生士が、且つ、学校で習ったやり方できちんとできる、なんて"神業"だそう。

内容詳しく書けないですけど、衝撃的なことばかり。
難しい側面よりもフェイスを研ぐんだってさ。

うーん、今後シャープニングどうしようかな…

1Dでこの症例を見る

シャープニングのときってどんな音してます?

以前、シャープニング中に黒板を爪立てて引っかいたような高音の音が出るときは、“角度が合っていない”と習ったように思います。

しかし先日、現役で活躍されているベテラン衛生士さんに「高音の音が出るときは研げてきた証拠」と言われました。

たしかに、おろしたてのスケーラーは高音が鳴りやすいです。
前は「おろしたてのスケーラーは適正角度になっているから若干のズレが生じて鳴ってるもの」だと思っていたのですが、「おろしたてで刃こぼれしてないから」高音が鳴ってるってことなんでしょうか。

あ、ちなみに音が鳴るのはヒューフレディです。LMやサンデンタルは鳴らないです。

角度チェックやテスト棒使っててダメなスケーラーの様子も頭で理解はしているものの、いまだに不安が残ってます(;O;)
職人の包丁と一緒で奥が深いですよね…

1Dでこの症例を見る

「歯周基本治療」に関連する他の用語

この用語が出てくる記事