歯科用語集

2022年03月15日

歯間鼓形空隙(エンブレジャー)

「歯間鼓形空隙(エンブレジャー)」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

歯間鼓形空隙とは?

歯間鼓形空隙とは、歯の接触点の上下にできる隙間のことを指します。接触点より上にできる鼓形空隙はとくに上部鼓形空隙と呼ばれます。接触点よりも下にできる鼓形空隙は、通常歯間乳頭歯肉で満たされています。




歯間鼓形空隙と清掃用具

歯ブラシだけでは歯間隣接面のプラークを除去することは難しく、プラークコントロールを徹底するためには歯ブラシ以外に歯間隣接面清掃用具やウォーターピックなどの補助的清掃用具が必要となります。特にデンタルフロスと歯間ブラシはプラークコントロールにおいて必須であり、歯ブラシと併用することが大切です。また、歯間鼓形空隙が大きく空いた症例においては、歯間ブラシでも十分なプラークコントロールが難しいです。このような場合にはタフトブラシ、ラバーチップなどの使用が効果的です。

以下に補助的清掃用具についてまとめます。

デンタルフロス
使用部位:歯間が正常な乳頭歯肉で満たされた歯間隣接面
使用法:歯間が正常な乳頭歯肉で満たされた歯間隣接面のプラーク除去に用います。歯石やう蝕の検査にも用います。接触点をゆっくり通過させた後、糸を歯面に圧接させて、最低3回程度、歯軸方向に上下に動かし、歯面を清掃します。

歯間ブラシ
使用部位:歯間鼓形空隙がやや広い症例
使用法:適切なサイズを選定し、1か所につき数回の前後運動を行いプラークを除去します。大きすぎる歯間ブラシは歯肉乳頭を傷害するため注意します。

タフトブラシ
使用部位:歯間鼓形空隙が比較的大きく空いた症例
使用法:露出した歯根面、特に歯間隣接面の清掃に用います。歯間ブラシではプラークコントロールが難しい部位に用います。円錐状のブラシで根面を擦るようにして用います。

ラバーチップ
使用部位:歯間鼓形空隙がやや狭い症例
使用法:ラバーチップの先端を歯肉表面に沿わせた角度で歯間鼓形空隙に深く入れ、歯冠側方向に移動させて清掃します。

口腔洗浄機(ウォーターピック)
使用部位:歯周ポケットが存在する症例
使用法:ノズル先端をポケットあるいは歯間部に向けて水流を当てます。ポケット内の非付着性プラークを除去することが目的で、付着性プラークの除去は困難です。

歯間鼓形空隙と歯間乳頭歯肉の形態

歯冠周囲の歯槽骨頂から歯肉辺縁までの厚みは約3mmですが、歯間隣接面部での歯槽骨頂から歯間乳頭先端(接触点=コンタクトポイント contact point)までの歯肉の厚みは約4.5~5mmです。生物学的幅径は歯の全周で変化なく約2mmであるため、歯間隣接面部の歯肉溝は他の部位よりも約1.5~2mm深いです。Tarnowらは、歯槽骨頂から接触点までの距離が5mm以下であれば、歯間乳頭歯肉は歯間鼓形空隙 interdental embrasureを完全に満たすことが出来るが、6mmでは56%、7mmでは歯間乳頭スペースが歯肉で満たされる割合は27%であると報告しました。以上の数値は、前歯部の補綴装置の形態及び接触点の位置を決定する上で非常に役に立つ数値です。

歯間鼓形空隙とブラックトライアングル

ブラックトライアングルとは、歯間乳頭が欠落することによって下部鼓形空隙にスペースが生じ、黒い三角形のように見える状態のことを指しています。 前歯部においては, 食物の停滞や発音のような機能的な側面に加えて審美性が最優先されるため、ブラックトライアングルが許容されない傾向にあります。ブラックトライアングルの発生においては、様々な原因が考えられますが、成人における最も一般的な原因は、歯周炎の進行による歯周支持の喪失です。その他に、歯頸部辺縁部の支台歯への適合不良、形態不良の修復補綴物、隣在歯の欠損、歯冠形態や歯列不正などが挙げられ、さらに歯周外科治療の結果生じることもあります。また、矯正治療の結果ブラックトライアングルが生じることがあり、特に前歯部において審美性に大きく影響を与えるため、患者の矯正治療の満足度が著しく低下します。


この記事は無料の会員限定です
会員登録して読む(無料)
ログインして読む