根管シーラー

「根管シーラー」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

根管シーラーとは?

根管シーラーとは、ガッタパーチャポイントによる根管充填を行う際に、根管壁とガッタパーチャポイントとの空隙を塞ぐことで、補助的に封鎖性を向上させるための根管用セメントである。
ガッタパーチャポイントは接着性を有していないため根管シーラーが必要となるが、根尖歯周組織の慢性炎症の原因にもなり得る。
根管シーラーは、単にシーラー、キャナルシーラーとも呼ばれる。



根管シーラーの成分・種類

根管シーラーに使われている成分の種類としては、下記のものがある。
  • 酸化亜鉛ユージノール系
  • 水酸化カルシウム系
  • ガッタパーチャ系
  • エポキシレジン系
  • シリコーン系
  • 非ユージノール系
  • グラスアイオノマー系
  • ハイドロキシアパタイト系



「根管シーラー」の文献・書籍など

【読み】

こんかんしーらー

【文献・書籍】

『歯内治療学 第4版』, 中村洋ら, 医歯薬出版株式会社, 2012.
『新・楽しくわかるクリニカルエンドドントロジー』小林千尋, 医歯薬出版株式会社, 2013.