歯科用語集

2021年11月24日

ヘルパンギーナ

「ヘルパンギーナ」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

ヘルパンギーナとは?

ヘルパンギーナとは、1〜4歳の幼児によく起こるウイルス疾患である。ヘルパンギーナはウイルス性疾患であるため、接触感染や飛沫感染が起こる。

ヘルパンギーナの症状

ヘルパンギーナの主な症状は以下である。
  • 初期に38〜39℃台の高熱、咽頭痛
  • 続いて軟口蓋に生じる多発性の小水疱
  • 小水疱を自分で潰してしまった結果有痛性アフタとなり、強い嚥下痛が起こる
  • 飲水・食事困難による脱水症状

ヘルパンギーナの原因

ヘルパンギーナの原因は、コクサッキーウイルスA型への感染である。またヘルパンギーナにかかっている患者への接触感染や飛沫感染も原因となる。

ヘルパンギーナの治療方法

ヘルパンギーナの口腔内症状は7〜10日ほどで自然治癒する。そのためヘルパンギーナへの対応は経過観察となる。また補液や栄養補給など対症療法も重要である。