Wassmund切開(Neumann-Peter切開)

「Wassmund切開(Neumann-Peter切開)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

Wassmund切開(Neumann-Peter切開)とは?

Wassmund (Neumann-Peter)切開とは、口腔粘膜の切開法の一つである。
歯頸部切開(歯肉溝内切開)とその両端から歯肉頬(唇)移行部に向かう縦切開とからなる。縦切開は、歯冠乳頭先端と歯頸部中央の中間から、歯軸に対して約45度の角度で設定する。
Wassmund (Neumann-Peter)切開はWassmund法やNeumann切開ともいう。



Wassmund切開(Neumann-Peter切開)の利点と欠点

歯肉溝切開や歯槽頂切開を延長することにより、広範囲の手術にも対応できる利点を有する。
術後に歯肉退縮による知覚過敏や歯冠修復物のマージン露出する欠点がある。


「Wassmund切開(Neumann-Peter切開)」の文献・書籍など

【読み】

わすむんと(のいまん-ぴーたー)せっかい

【文献・書籍】

『最新 口腔外科学 第5版』, 榎本昭二ら, 医歯薬出版株式会社, 2017.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語