仮想咬合平面

「仮想咬合平面」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

仮想咬合平面とは?

仮想咬合平面とは、全部床義歯で咬合平面の基準として決定される、中切歯部と両側臼歯部の咬合堤の平面のことである。
仮想咬合平面は、カンペル線(鼻翼下縁と耳珠上縁とを結ぶ線のことをいう。鼻聴道線とも呼ばれる)と平行になるように設定される。なお前頭面では仮想咬合平面は瞳孔線と平行になるように設定する。

「仮想咬合平面」の文献・書籍など

【読み】

かそうこうごうへいめん

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。