咬合平面

「咬合平面」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

咬合平面とは?

咬合平面とは、下顎左右中切歯の近心隅角間の中点(切歯点)と下顎左右側第二大臼歯の遠心頬側咬頭頂をを結んだ三角形を含んだ平面として規定される基準面である。補綴学上極めて重要な点である。
上顎を基準とした咬合平面の考え方もあるが主流ではない。
咬合平面は正常歯列者では咬合平面はカンペル線とほぼ平行であるとされる。

咬合平面はocclusal planeもしくは、plane of occlusionという。
咬合平面は仮想咬合平面とは区別される。

「咬合平面」の文献・書籍など

【読み】

こうごうへいめん

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.
『補綴臨床に必要な顎口腔の基礎知識 第1版第3刷』, 藍稔, 株式会社学建書院, 2011.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部を卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

この用語が出てくる記事