サベイング

「サベイング」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

サベイングとは?

サベイングとは、部分床義歯製作過程における模型を用いた支台歯と顎堤の形状記録と診査のことである。研究用模型と作業用模型でそれぞれサベイングを行う。義歯の着脱方向の決定・サベイラインの記録・クラスプの位置の記録をすることがサベイングの目的である。



サベイングの手順と使用する器具

サベイングの手順と、それに紐づく使用する器具・器材を以下に示す。
  • 義歯の着脱方向を決定し、等高点を3か所記録する:アナライジング・ロッド
  • サベイラインを描く:炭素棒(先端を斜め且つ鋭利にしておく)
  • クラスプの鈎先の位置を記録する:アンダーカットゲージ
  • ブロックアウトを修正する:ワックストリマー
  • アンダーカットを修正する:テーパートゥール




「サベイング」の文献・書籍など

【読み】

さべいんぐ

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部を卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

義歯製作の症例リスト

部分床義歯の作り方について、先生がロクに教えてくれないし予習に全部負担かけてくるので、「何故その工程を行うのか?」に重点を置きながら予習したのですが、これであっているでしょうか。
もしよろしければ、添削お願いします。

1Dでこの症例を見る

「義歯製作」に関連する他の用語