ジップ

「ジップ」とは?歯科用語を解説
2020年02月20日

ジップとは?

ジップとは、根尖部における不適切な根管形成の1種である。ジップは、彎曲根管の根管形成時に、彎曲根管外側に見られる過度の形成のことである。ジップをはじめとした根管の不適切な形態は未切削部を残存させ、緊密な根管充填をも困難とするため、感染根管治療後の経過不良の原因となる。



ジップ形成に対する対策

ジップの形成を防止する対策としては、以下が挙げられる。
  1. 根管上部のフレアー形成を適切に行った後、根尖部を形成する。
  2. 過剰なリーミングを避け、ファイリング主体で形成を行う。
  3. プレカーブを付与した器具で形成する。
  4. 根管下部のフレアー形成を適切に行う。
  5. 根尖部を過度に太くしない。
  6. 柔軟な器具(Ni-Tiローリーファイル等)を使用する。



「ジップ」の文献・書籍など

【読み】

じっぷ

【文献・書籍】