ジップ

「ジップ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年11月24日

ジップとは?

ジップとは、根尖部における不適切な根管形成の1種である。ジップは、彎曲根管の根管形成時に、彎曲根管外側に見られる過度の形成のことである。ジップをはじめとした根管の不適切な形態は未切削部を残存させ、緊密な根管充填をも困難とするため、感染根管治療後の経過不良の原因となる。




ジップ形成に対する対策

ジップの形成を防止する対策としては、以下が挙げられる。
  1. 根管上部のフレアー形成を適切に行った後、根尖部を形成する。
  2. 過剰なリーミングを避け、ファイリング主体で形成を行う。
  3. プレカーブを付与した器具で形成する。
  4. 根管下部のフレアー形成を適切に行う。
  5. 根尖部を過度に太くしない。
  6. 柔軟な器具(Ni-Tiローリーファイル等)を使用する。





「ジップ」の文献・書籍など

【読み】

じっぷ

【文献・書籍】

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。

感染根管治療の症例リスト

VM-Y(sec1-0)のレッジ(と言うかステップ?)の回避。
穿通できなかった場合、回転数を落としプレカーブをつけて再チャレンジ。それでも無理ならばハンドで穿通トライ。
動画は最初穿通せず、プレカーブをつけて再チャレンジし追随する様子が撮影できた動画です。
https://youtu.be/CcPBdyv_HDU

1Dでこの症例を見る