翼突下顎隙

「翼突下顎隙」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

翼突下顎隙とは?

翼突下顎隙とは、下顎枝と内側翼突筋、外側翼突筋との間に生じる隙のことである。 
上方は外側翼突筋の下頭が位置し、前方は口腔粘膜に接する翼突下顎縫線から起始する頬筋が位置する。
頬筋のすぐ後方には側頭筋の腱がある。
後方は咬筋、内側翼突筋を覆う頸筋膜浅葉の延長部分が合している。
その後方には耳下腺がある。



翼突下顎隙に有る解剖学的構造物と下顎孔伝達麻酔

下顎枝と内側翼突筋との間には下歯槽神経、舌神経があるので、翼突筋静脈叢は下顎孔伝達麻酔の注入部位となる。
また顎動脈、 翼突筋静脈叢がある。




「翼突下顎隙」の文献・書籍など

【読み】

よくとつかがくげき

【文献・書籍】

『口腔解剖学 第1版』, 脇田稔ら, 医歯薬出版株式会社, 2009

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。