歯科用語集

2022年03月13日

ウィルス法(Willis法)

「ウィルス法(Willis法)」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

ウィルス法(Willis法)とは?

ウィルス法(Willis法)とは、顔面計測から咬合高径を決定する方法のうちの1つです。ウィルス法(Willis法)では、瞳孔〜口裂までの垂直距離と、鼻下点〜オトガイ底までの垂直距離が等しい関係を利用し、下顎咬合床の高さを調整して無歯顎の咬合高径を決定します。ウィルス法(Willis法)においては、専用器具としてウィルス(Willis)のバイトゲージがあります。