溝状舌

「溝状舌」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

溝状舌とは?

溝状舌とは、舌背の表面に多数の溝がみられるものである。



溝状舌で見られる溝について

溝状舌の溝の走行は、太い正中溝と側方に走る溝からなる例や、正中溝がなく舌中央から辺縁部に分岐しながら存在する例、舌の辺縁部だけに存在する例などがある。
溝の深さはさまざまであり、溝の内面は平坦で乳頭の発達が悪い。 

溝状舌の症状と治療法

溝状舌は自覚症状のない場合が多いが、溝の食物残渣による炎症症状があれば、含嗽剤投与などの対症療法を行う。

溝状舌の合併症状と症候群

溝状舌の約20%に地図状舌を合併するといわれている。 また、Melkersson-Rosenthal症候群や Down症候群患者などに併発することが知られている。




「溝状舌」の文献・書籍など

【読み】

こうじょうぜつ

【文献・書籍】

『最新 口腔外科学 第5版』, 榎本昭二ら, 医歯薬出版株式会社, 2017.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「口腔外科疾患」に関連する他の用語