メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)

「メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年12月05日

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)とは?

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)とは、金属に陶材を盛り上げて製作された補綴物である。金属の上に、色調や透明度、耐摩耗性、耐変色性に優れる陶材を溶着することで、金属のもつ強度と陶材のもつ審美性とを兼ね備えた補綴物といえる。
ただメタルボンド(陶材焼付鋳造冠)の陶材部分は衝撃に弱いため、ブラキシズムなどの症状を抱える患者には不向きである。



メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)の適応症

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)の適応症となるのは、以下のような症例である。
  • う蝕や外傷による歯冠崩壊の著しい歯冠修復 
  • 矮小歯
  • 形成不全歯
  • 変色歯
  • 歯軸や歯冠形態の修正
  • ブリッジの支台装置およびポンティック
  • 動揺歯の永久固定

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)の禁忌症

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)の禁忌症としては、以下のような症例が挙げられる。
  • 歯髄腔の大きな生活歯
  • 著しく咬合力の強い患者
  • ブラキシズム
  • 若年者






「メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)」の文献・書籍など

【読み】

めたるぼんど(とうざいやきつけちゅうぞうかん)

【文献・書籍】

著者/監修者情報

歯科医師

1992年、千葉県生まれ。鶴見大学歯学部在学中から個人でアプリ開発やWeb制作を行う。歯科医師国家試験の対策アプリを開発し、新卒歯科医師の7割超が利用するまで成長させる。2016年に歯科医師免許を取得。東京歯科大学大学院博士課程に進学後は、医事・衛生法規や歯科医療管理、社会保障制度など歯科保健医療が抱える種々の問題について専攻。同大学院中退後の2017年に当社創業。