機能咬頭

「機能咬頭」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

機能咬頭とは?

機能咬頭とは、咀嚼運動中に対合歯の咬合面窩あるいは辺縁隆線部にか(噛)み込み、食物を咬断・粉砕・臼磨する咬頭のことである。

下顎歯の頬側咬頭、上顎臼歯の舌側咬頭が機能咬頭とされるが、上顎臼歯の頬側咬頭も機能咬頭とされる考え方もある。


「機能咬頭」の文献・書籍など

【読み】

きのうこうとう

【文献・書籍】

『歯科補綴学専門用語集 第5版』, 公益社団法人日本補綴歯科学会, 医歯薬出版株式会社, 2019.
『補綴臨床に必要な顎口腔の基礎知識 第1版第3刷』, 藍稔, 株式会社学建書院, 2011.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年生まれ。千葉県の漁村で育つ。鶴見大学歯学部在学中からアプリやWebサービスの開発を趣味で行う。東京歯科大学大学院博士課程に進学するもお金が無くて中退。2017年にワンディー株式会社を創業。